モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
http://sp.kateinoigaku.ne.jp/

乳腺のう胞って、何?

数が多いと乳がんになる?

乳がん検診を受けたとき、「乳腺のう胞がある」といわれて不安を感じている人は少なくないことでしょう。かなり高い確率でみられるのに、乳腺のう胞については、あまり知られていないのが現状です。一体、乳腺のう胞とは何でしょう? 乳がんになることはあるのでしょうか。

◆乳腺のう胞は、ひと言でいえば乳管がふくらんだものです。乳房には、乳腺という分泌物を出す役割を果たす組織があります。分泌物が出ていかなければ、当然どこかにたまっていきます。このようにして分泌物がたまった部分、袋が乳腺のう胞です。

◆乳腺のう胞の数や大きさは、人によって異なります。1か所だけにできる人もいれば、何か所にもできる人もいます。非常に小さいものからさまざまです。のう胞自体はがんではないので、基本的には放っておいてよいものです。数の多少や大きさはさほど気にすることはないでしょう。

◆ただし、なかには注意が必要なものもあります。のう胞の内部にしこりがある場合です。「乳管内乳頭腫」や「のう胞内乳がん」の可能性があり、いずれも袋をつくって増殖しています。

◆乳管内乳頭腫は良性ですが、のう胞内乳がんの場合は、袋に分泌物をためながらがん細胞が増殖し、しこりも増えていきます。一般に、若い人では乳管内乳頭腫のことが多く、60代以降では乳がんである可能性が高くなってきます。

◆のう胞内のしこりが、乳管内乳頭腫なのかのう胞内乳がんなのかを見分けるには、細胞をとって調べる必要があります。乳房に細い針を刺して中にたまった液体を吸引し、がん細胞の有無を調べるのです。

◆この液体に血液が混じっていたり茶褐色をしている場合、あるいは吸引後ものう胞が残っていたり12週間以内に再発した場合には、のう胞の壁にがんが潜んでいる可能性があります。そのため、手術でのう胞を切除する必要があります。

◆のう胞がたくさんある場合、また、若い人で乳腺組織が豊富な場合は、マンモグラフィでは見つけることがむずしいので、1年に1回は超音波検査が必要です。

(監修:中村クリニック院長 中村理英子/2013年6月26日)


気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

実例からみる対応法

擬態うつ病/新型うつ病

それって、うつ病?話題の「擬態うつ病」を徹底紹介
著:精神科医 林公一
定価1,620円(本体1,500円)

お医者さんの話がよくわかるから安心できる

「乳がん」と言われたら…

手術後の再発を防ぐ治療や、手術前の生活を取り戻すためのリハビリまで解説
著:聖路加国際病院ブレストセンター長・乳腺外科部長 中村清吾
定価1,620円(本体1,500円)

感性豊かで「幸せ」な子どもに育つ

アタッチメントベビーマッサージ

発達心理学の観点から、お母さんと赤ちゃんのアタッチメント(愛着関係)をしっかり作り、情緒豊かな「幸せな子ども」に育てるためのベビーマッサージを紹介
著:(社)日本アタッチメント育児協会 代表理事 廣島大三、寺下謙三クリニック院長 寺下謙三
定価1,296円(本体1,200円)