モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
http://sp.kateinoigaku.ne.jp/

アイメイクで将来まぶたがたるむ!?

まぶたはデリケート

目を大きく見せるなど、手軽に使えるさまざまなアイメイク商品が店頭に並んでいます。思い通りの変身ぶりに「一度使ったら手放せない!」という声が多いものの、目の周りはとてもデリケートなため、トラブルも多く発生しています。

◆顔の皮膚の中でも、最もデリケートなのが「まぶた」です。まぶたの皮膚は、ほおに比べると3分の1ほどの薄さ。そのため、外部からの刺激にとても敏感です。しかも、常にまばたきを繰り返しているので、ふだん化粧をしていなくても負担がかかっているのです。

◆また、まぶたの皮膚は皮脂腺が少なく、非常に乾燥しやすい部分です。アイメイクを落とす際、洗浄力の強いクレンジング剤を使用したり、こすり洗いなどを続けたりしていると、もともと肌に備わっている保湿成分も洗い流してしまうため、ますます乾燥します。

◆まぶたの健康を保つためには、「できるだけ触らないこと」が一番。しかし、近年は、二重まぶたをつくるテープやのり、つけまつげなど、さまざまなアイメイク商品があります。なかでも、人工のまつ毛をグルーと呼ばれる接着剤でつける「まつ毛エクステンション」は、美容行為であり施術者には美容師の免許が必要です。

◆しかし、なかには無免許で施術を行う店もあり、健康被害などのトラブルが報告されています。2010年、国民生活センターは「まつ毛エクステンションの危害」を公表、消費者に注意喚起をするとともに、消費者庁に危害の未然防止・拡大防止を要望しています。

◆このような取り組みが行われているにもかかわらず、まつ毛エクステンションの施術によって目が痛くなったなどのトラブル情報が、PIO-NET(パイオネット:全国消費生活情報ネットワーク・システム)に、2010年度以降の5年間で599件寄せられており、毎年100件以上で推移しているといいます。

◆では、アイメイク商品によって、どのようなトラブルが生じるのでしょうか。まつ毛エクステンションや二重まぶたをつくるテープやのりを使用すると、接着剤のためにまぶたがひきつれて、完全に閉じなくなることがあります。なかにはドライアイの原因となることも。また、接着剤などが目の中に入ると最悪の場合、失明の危険もあるので、慎重な使用をおすすめします。

◆そのほかにも、まぶたの皮膚がかぶれるケースがあります。赤み、かゆみ、痛みなどが現れたら、まずはぬるま湯でまぶたの付着物をやさしく洗い流しましょう。ほてったら、冷やすのは構いません。そして使用を中止し、眼科や皮膚科を受診してください。特に目がゴロゴロする、痛い、流涙がある場合は眼科へ必ず行きましょう。

◆つけまつげをとるときは、まぶたを引っ張らなくてはいけません。長期間繰り返すと、将来的に「眼瞼下垂(がんけんかすい)」を引き起こす危険性があるとも言われています。まぶたがたるみ目に覆いかぶさるので、目がしっかりと開けられなくなり、視界が狭くなったり、肩こりや頭痛の原因になったりすることもあります。

◆眼瞼下垂は、まぶたの中にある腱膜(けんまく)という部分が損傷するために起こります。腱膜とは、まぶたを持ち上げる上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)と、まぶたのふちにある瞼板(けんばん)という組織をつなぐ薄い膜です。この腱膜が物理的な刺激で損傷を受けると伸びきってしまいます。そのため、まぶたがたるんでしまうのです。一度たるんでしまうと、手術以外では元に戻すことはできません。

◆一生使う大切な目。これらのアイメイク商品を使用する際は、薬剤や技術の質になるべく信頼性のあるもの、そして正しい使用法や使用時間を守り、できるだけトラブルを防ぐことが大切です。

(監修:関東中央病院 皮膚科特別顧問 日野治子/2016年11月22日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

1日数行で心をたてなおす

森田式ダイアリーのすすめ

神経症や心身症の苦しみを、自学自修の日記療法で克服する
著:林内科クリニック院長 林吉夫
定価1,512円(本体1,400円)

お医者さんの話がよくわかるから安心できる

「膵がん」と言われたら・・・

膵がんの診断と治療についてわかりやすく解説
著:杏林大学学長・同大学名誉教授 跡見裕 / 杏林大学医学部消化器・一般外科准教授 阿部展次
定価1,620円(本体1,500円)

専門のお医者さんが語るQ&Aシリーズ

甲状腺の病気

進歩した薬物療法、放射線療法、外科療法の情報を紹介
著:東京女子医科大学内分泌疾患総合医療センター内科・大学院教授 佐藤幹二
定価1,458円(本体1,350円)