モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
http://sp.kateinoigaku.ne.jp/

性行為に嫌悪感を抱いてしまう…

セックスレスの原因に

夫婦の約45%がセックスレス(1か月間性交渉がない状態)という調査結果があり、ニュースなどでも取り上げられて大きな反響を呼びました。原因のひとつは、性嫌悪症(性嫌悪障害)の増加です。どういうことなのでしょう?

◆性行為や性的な表現、性を扱った事物に嫌悪感を抱く症状を性嫌悪症といいます。女性に多い症状として知られていますが、近年は男性にも増えているようです。夫婦のどちらかにこの症状があるとセックスレスとなり、離婚など深刻な問題につながるかもしれません。

◆性嫌悪症には、もともと性的なことに嫌悪感を持っているケースと、ある時からそうなるケースがあり、それぞれ特定の状況や相手にのみ嫌悪感を抱く場合と、対象を限らずそうした感情を持っている場合があります。

◆原因は、性的なことは不潔といった教育を受けていた、性的虐待を受けた経験、死産や難産の経験、パートナーとの関係の変質などさまざまです。性交痛がある、勃起障害(ED)といった性機能の問題がきっかけになることもあります。

◆夫婦のあいだで性嫌悪症が問題になるとき、パートナーとの性的な接触にのみ嫌悪感を抱いているケースが多く、男性はほとんどこのパターンだといいます。こうした男性は必ずしもパートナーが嫌いになったわけではなく、例えばパートナーが母や姉、妹のような存在になり性行為に“恐れ”を感じるといったことが原因です。

◆カップルのどちらか、あるいは双方が性嫌悪症だとしても、二人の関係が良好ならとくに問題はありません。とはいえ、パートナーであっても性については話しづらいもの。表面上、良好な関係であっても、その裏に不満や寂しさを秘めているなら、解決方法を探すべきでしょう。

◆とくに妊娠を望んでいる場合は、早めに精神科医やカウンセラーに相談してみましょう。もちろん、パートナーと話し合いを持つ前にひとりで相談してもよいのです。女性であれば、産婦人科の医師に話してみるのもひとつの方法です。

◆性嫌悪症の治療は簡単ではなく、長期間にわたるケースがほとんどです。またその結果、治癒に至らないことも少なくありません。しかし、治療に向き合うことは、パートナーとの関係を見つめ直す良い機会になります。悩んでいる人は諦めてしまわず、専門家の力を借りてみてください。

(監修:横浜労災病院 勤労者メンタルヘルスセンター長 山本晴義/2017年1月26日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

手術以後のすごし方

子宮がん・卵巣がん そのあとに…

婦人科がんの病後・手術以後の生活ガイド
監修:国立がん研究センター中央病院 婦人腫瘍科 科長 加藤友康
定価1,728円(本体1,600円)

納得できる対処のために 〜患者と家族の相談より〜

がんでは死なない 再発をのりきる

がんの再発に納得のいく対処をするために
監修:がん総合相談センター院長、元・国立がんセンター病院放射線診断医長 松江寛人
定価1,620円(本体1,500円)

女性のキレイと健康をつくる

美肌タイミングジュース

生理周期と季節に合わせた美肌ジュースを紹介
著:皮膚科・内科医 友利新 / 料理研究家・栄養士・インナービューティスペシャリスト 関口絢子
定価1,296円(本体1,200円)