モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
http://sp.kateinoigaku.ne.jp/

気づきにくい誤嚥性肺炎

日ごろのケアが大切

誤嚥を原因とした肺炎で亡くなる高齢者が多いことをご存じですか?誤って気管に入ってしまった異物を、咳などで吐き出す力が弱いことが肺炎につながります。肺炎にかかっていても気づかない場合もあるので要注意です。

◆誤嚥性肺炎は、細菌が唾液や胃液と共に肺に流れ込んで起きる肺炎です。誤嚥とは食べ物や飲み物、唾液や胃液が誤って気管や気管支に入ることをいいます。食べ物だけでなく、嘔吐などで胃液が食道を逆流することが原因となるケースもあります。

◆健康な人でもふとした拍子に食べ物や飲み物が気管に入って、むせることはあります。その場合、咳をすることで、気管に入った異物を吐き出すのですが、体力の衰えた高齢者は、吐き出す力が弱く、気管に入ったものをうまく出せないことがあります。

◆咳をしたり飲み込んだりする力が低下する原因として、脳血管障害の可能性も指摘されています。自分では気づかずに、たまたま人間ドックなどで見つかる無症候性脳梗塞でも、脳梗塞がまったくない人よりも肺炎のリスクが高いといわれます。

◆誤嚥性肺炎は、主に嫌気性菌(酸素のないところで発育する菌)を含む口腔内の常在菌が肺の中で増殖することで生じます。寝ている間に口腔内の細菌が唾液とともに肺に流れ込み、発症している例も少なくありません。

◆注意したいのは、通常の肺炎であれば、発熱や咳、痰が出るなどの自覚症状が現れますが、高齢者の場合ははっきりとした症状が出ないことも多いのです。しかし、高齢者にとって誤嚥性肺炎は、ときに命取りにもなる危険な病気です。

◆食事中のむせこみ、唾液が飲み込めないなどの症状がある場合は、誤嚥性肺炎を疑ってみる必要があります。また予防策として、日ごろから誤嚥の予防と、口の中を清潔に保つ口腔ケアが重要です。

◆まずは誤嚥を防止するために、その人の飲み込む力に合わせた固さや形の食事を用意することから始めましょう。食事はよく噛んでゆっくり食べる、慌てて飲み物を飲まない、食後はすぐに横にならず、2時間くらいは座った状態を保つなどの習慣も大切です。

◆就寝中に胃液が逆流しないよう、上半身を少し高くして寝ることも有効な対策とされています。口の中を清潔に保つことで、口腔内の雑菌を減らすことができます。口腔ケアもぜひ意識してください。

◆なんとなく元気がない、倦怠感を訴える、食事中にむせこむ、喉がゴロゴロ鳴る、唾液が飲み込めない、食事に時間がかかる、痰が汚いなど、いつもと違う様子があったら、誤嚥性肺炎の可能性があります。早めに医療機関を受診するようにしましょう。

(監修:目黒西口クリニック院長 南雲久美子/2017年6月27日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

1日数行で心をたてなおす

森田式ダイアリーのすすめ

神経症や心身症の苦しみを、自学自修の日記療法で克服する
著:林内科クリニック院長 林吉夫
定価1,512円(本体1,400円)

お医者さんの話がよくわかるから安心できる

「膵がん」と言われたら・・・

膵がんの診断と治療についてわかりやすく解説
著:杏林大学学長・同大学名誉教授 跡見裕 / 杏林大学医学部消化器・一般外科准教授 阿部展次
定価1,620円(本体1,500円)

専門のお医者さんが語るQ&Aシリーズ

甲状腺の病気

進歩した薬物療法、放射線療法、外科療法の情報を紹介
著:東京女子医科大学内分泌疾患総合医療センター内科・大学院教授 佐藤幹二
定価1,458円(本体1,350円)