モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
http://sp.kateinoigaku.ne.jp/

クラッシャー上司に出会ってしまったら?

1人で立ち向かおうとしないで

職場での人間関係に悩みはつきもの。多くの人は「それも仕事」「ある程度は仕方ない」と割り切って働くようにしているでしょう。しかし、中には「この人、大丈夫?」と思うような攻撃性を見せる人もいます。そんな人が自分の新しい上司になってしまったら……。

◆優秀で仕事ができるものの、常に自分が正しいと考え、他者に対する思いやりや共感をもてないため、自分の要求に応えられない部下を精神的に追い詰めてしまうタイプの上司のことを、クラッシャー上司というそうです。

◆クラッシャー上司の特色として、基本的に仕事ができて実績を挙げている人が多いこと、会社内での立場も強く、暴言を吐いたり、冷たい態度をとったり、あいさつしても無視するなど、社会人としての基本的なマナーに欠けるところがあっても、周囲もあまり意見を強く言えないことです。

◆最も部下を悩ませるのは言葉による攻撃性と、一見議論や相談をしているようでありながら、常に相手を否定し、相手の話を聞かず、自分の意見を押し付け続けることです。そして、その筋道の中での「結果」を求められるので応えようがない、という体験が続きます。

◆こうした上司のもとでくり返し叱責される部下の中には、意思疎通に苦しんだり、やがてうつ病になって休職や退職に追い込まれてしまう人も少なくありません。

◆こうなると、パワーハラスメントの加害者ともいえるため、不当な扱いを受けたと人事部などに訴え出るというのも一つの方法です。ただ、クラッシャー上司は自分が間違っていないと主張することにも非常に長けていることが多いので、上司の態度がすぐに改善されることを期待してもなかなかうまくいかないかもしれません。

◆こうしたクラッシャー上司の部下になってしまったら、つぶされないためには、いくつかの対応が必要です。決して、自分1人で 何とかする、耐える、と思ってはいけません。

◆まず第一に、その上司の言動が正当かどうか客観的に冷静に判断することです。「自分が至らなかったのだから」とあまり自責の念を強く持ちすぎると、うつ病のリスクが高まります。

◆もし、一対一で上司が激昂するような場面があったら、できるだけ冷静な気持ちで相手を観察するようにします。「なぜこんなに怒るのだろう」と客観的に見ていくことが重要です。そして、沈黙して相手の興奮がおさまるのを待つほうが得策でしょう。焦って返事をしなければと思う必要はありません。

◆第二に、どんなときに、どのような言葉や態度をされたのか、記録をとっておくことです。後日、パワーハラスメントとして会社や第三者に説明したいときの資料としても、状況を客観視する心の防衛策としても役立ちます。

◆第三に、周囲との情報共有を常に心がけることです。周りに同じ目に遭っている人がいないか確認して、クラッシャー上司からの暴言を受けた場合はできるだけ早く信頼できる周囲の先輩や同僚などに相談することが重要です。起こった事実を報告することは、決して上司の悪口を言うことにはなりません。1人で抱え込まずに誰かに話を聞いてもらいましょう。

◆このほかにも、職場に産業医がいれば、迷わず相談してください。心身の不調や強いストレスによる不眠や摂食障害、体の痛み、イライラや落ち込みなどの症状を感じた場合は、心療内科や精神科医に早めに相談しましょう。

◆また、組合がある場合はそちらを利用したり、1人でも加入できるユニオン、公共の労働相談窓口や心の相談機関など自分が利用しやすいところにアクセスしてもよいでしょう。

◆言葉の暴力を繰り返し受けると、自信を失って萎縮してしまい、さらに仕事のミスが増える悪循環に陥る可能性があります。謙虚な気持ちを持つことは人生において大切ですが、いわれのない否定的な言動に対しては、立ち向かったり回避したりする権利もあります。

◆職場の内外に自分を評価してくれる理解者をもとめるほか、気分転換を図り、仕事本来の目的や人生の楽しみや良いことの方向へ目を向けることも大切です。自分なりの心の防衛策を身に着けておきましょう。

(監修:横浜労災病院 勤労者メンタルヘルスセンター長 山本晴義/2017年7月6日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

1日数行で心をたてなおす

森田式ダイアリーのすすめ

神経症や心身症の苦しみを、自学自修の日記療法で克服する
著:林内科クリニック院長 林吉夫
定価1,512円(本体1,400円)

お医者さんの話がよくわかるから安心できる

「膵がん」と言われたら・・・

膵がんの診断と治療についてわかりやすく解説
著:杏林大学学長・同大学名誉教授 跡見裕 / 杏林大学医学部消化器・一般外科准教授 阿部展次
定価1,620円(本体1,500円)

専門のお医者さんが語るQ&Aシリーズ

甲状腺の病気

進歩した薬物療法、放射線療法、外科療法の情報を紹介
著:東京女子医科大学内分泌疾患総合医療センター内科・大学院教授 佐藤幹二
定価1,458円(本体1,350円)