モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
http://sp.kateinoigaku.ne.jp/

夏の頭痛にご用心

暑さを無事に乗り切るために

ここ数年、平年とかけ離れた天候になることが増え、異常気象という言葉が聞かれることが多くなりました。気温や湿度など、気候の変動は体に大きな影響を与えます。夏に向けて日常生活の注意点をまとめました。

◆最高気温30℃以上の真夏日、最高気温35℃以上の猛暑日、夜間最低気温25℃以上の熱帯夜、30℃以上の超熱帯夜など、異常な暑さがめずらしくなくなったここ数年、暑さで体調を崩す人が大幅に増加しています。なかでも熱中症で病院へ運ばれる人、さらには処置が間に合わず亡くなってしまう人も出ています。

◆人は体内で熱をつくり出す一方、自律神経の働きによって発汗などで熱を放出し、一定の体温を保つような機能が備わっています。ところが高温、多湿、無風、強い日差しなどの環境に置かれると、体温調節がうまく働かなくなってしまい、さまざまな障害が起こります。これが熱中症です。

◆めまいや顔のほてり、頭痛などは熱中症の前兆です。このほか、吐き気や立ちくらみ、ぐったりとして体に力が入らない、こむら返り(足がつる)、異常に大量の汗が出る、反対に暑いのに汗が出ないなども熱中症でみられる症状です。

◆傍から見ていて体温が異常に高い、体に触れるととても熱い、体が赤くなっている、ふらつく、意識が混濁して話しかけても変な返事をする、呼びかけに反応しないなどの症状があるときはかなり危険な状態です。

◆熱中症かなと思ったら、まずは冷房の効いた部屋や涼しい木陰などへ移動します。そして、体温を下げるため、衣服を緩め、あおいで風を送ってあげるのもよいでしょう。保冷剤があれば首や脇の下、脚の付け根などを冷やします。嘔吐がなければ水分を摂りましょう。その後は、無理せずに早めに医療機関を受診することが大切です。

◆脱水にも要注意です。脱水は全身の機能を弱め、熱中症を発症する危険を高めるほか、血液の濃度が高くなって、脳梗塞を発症する危険も増してしまいます。

◆脱水症と聞くと、暑い中での作業や炎天下でのスポーツ時に起こるものと思っている人が多いかもしれません。しかし、実際には室内や夜間に脱水症を起こすケースは多く、運転中も要注意です。とくに高齢者は、あまり自覚が無いままに進行する「隠れ脱水」にも気をつけてください。

◆一方、冷房病にも注意しましょう。熱中症対策で冷房を長時間付けっぱなしにしたり、設定温度を低くしすぎたりしていると、自律神経のバランスが崩れ、だるさ、むくみ、冷え、肩こり、食欲不振、便秘や下痢などの症状が現れます。

◆暑さを上手に乗り切るためには、とにかく我慢せずに冷房を意識して使うこと。ただし温度を下げすぎずに外との温度差は5℃程度に抑えたいところです。生活全体も無理な予定を立てず疲れすぎないことをふだん以上に心がけ、こまめに水分補給をするとともに、朝昼夕の食事を欠かさず睡眠不足に陥らないなど、当たり前と思われる生活習慣を守ることが大切です。

◆冷房の効いた電車や屋内などでは上着やスカーフなどで冷え対策を忘れずに。シャワーだけで済ませずにお風呂に入ってリラックスしたり、冷たいものだけでなく暖かいものを食べたり、体を内側から温めることもおすすめします。

(監修:東京医科大学病院 総合診療科准教授 原田芳巳/2017年7月10日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

1日数行で心をたてなおす

森田式ダイアリーのすすめ

神経症や心身症の苦しみを、自学自修の日記療法で克服する
著:林内科クリニック院長 林吉夫
定価1,512円(本体1,400円)

お医者さんの話がよくわかるから安心できる

「膵がん」と言われたら・・・

膵がんの診断と治療についてわかりやすく解説
著:杏林大学学長・同大学名誉教授 跡見裕 / 杏林大学医学部消化器・一般外科准教授 阿部展次
定価1,620円(本体1,500円)

専門のお医者さんが語るQ&Aシリーズ

甲状腺の病気

進歩した薬物療法、放射線療法、外科療法の情報を紹介
著:東京女子医科大学内分泌疾患総合医療センター内科・大学院教授 佐藤幹二
定価1,458円(本体1,350円)