モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
http://sp.kateinoigaku.ne.jp/

胎児のおなかに穴?腹壁破裂とは

万全のサポート体制を整えて

腹壁破裂とは、赤ちゃんのおなかに穴があり、臓器が飛び出した状態で生まれてしまうこと。胎児の段階で診断が可能なため、出産直後に手術を施すことで生存率も高まっています。新生児期にしっかり治療すれば、その後の生活に支障が生じることはほとんどありません。

◆腹壁破裂(ふくへきはれつ)とは、赤ちゃんのおへそのすぐ右側の腹壁に生まれつき亀裂(穴)があり、本来おなかの中にあるべき胃や大腸、小腸などの臓器が外に飛び出してしまう病気です。低出生体重児(未熟児)に発症することが多いものの、発生頻度は2万人に1人という程度。まれな病気といえるでしょう。

◆生まれた直後に適切な処置を行わないと、早期に死亡してしまいます。しかし、近年は超音波検査で、胎児の段階から診断できるようになりました。万全のサポート体制が整ったなか、出産後ただちに手術を行うことで、生存率は格段に向上しています。

◆手術の方法は、飛び出している臓器や量などによって異なります。比較的軽度で、体外に出た臓器の量が少ない場合は、一回の手術ですべての臓器をおなかに戻す「一期的腹壁閉鎖術」が行われます。

◆体外にある臓器の量が多い場合、そのまま戻すと肺などを圧迫する危険性があります。その際は、まず飛び出した臓器を人工膜などで覆い、段階的におなかの中に臓器を戻す「多期的手術」を行います。

◆手術後数週間で消化管機能が回復し、口から栄養を取ることが可能になります。なかには腸の働きに異常が残ることもあるので、経過観察は大切です。まれに腸閉塞をともなうこともありますが、手術後の合併症や後遺症は少なく、新生児期を乗り切れば、その後の生活に支障が生じることはほとんどありません。

◆手術および術後の経過管理は、十分な知識と経験のある小児外科医のもとで行われます。また、新生児集中治療室(NICU)などがある高度医療機関のサポートを必要とします。出産前診断で胎児に腹壁破裂がある、または疑いがあると診断された場合は、主治医とよく相談し、各自治体にある周産期母子医療センターを紹介してもらうとよいでしょう。

◆腹壁破裂の原因は、明らかになっていないのが現状です。母親の栄養不足や不摂生が原因などといった根拠のない情報を鵜呑みにしてはいけません。十分なサポートを受けていれば、必要以上に悩むことはありません。自分を責めることなく、出産にのぞむようにしましょう。

(監修:医療法人社団秀志会 松平小児科院長 松平隆光/2017年11月3日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

1日数行で心をたてなおす

森田式ダイアリーのすすめ

神経症や心身症の苦しみを、自学自修の日記療法で克服する
著:林内科クリニック院長 林吉夫
定価1,512円(本体1,400円)

お医者さんの話がよくわかるから安心できる

「膵がん」と言われたら・・・

膵がんの診断と治療についてわかりやすく解説
著:杏林大学学長・同大学名誉教授 跡見裕 / 杏林大学医学部消化器・一般外科准教授 阿部展次
定価1,620円(本体1,500円)

専門のお医者さんが語るQ&Aシリーズ

甲状腺の病気

進歩した薬物療法、放射線療法、外科療法の情報を紹介
著:東京女子医科大学内分泌疾患総合医療センター内科・大学院教授 佐藤幹二
定価1,458円(本体1,350円)