モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
http://sp.kateinoigaku.ne.jp/

せき止め成分「コデイン」12歳未満は禁忌へ

市販薬購入の際は要注意

多くのせき止め薬や総合かぜ薬に使用されている成分「コデイン」。小児に呼吸困難など重篤な副作用をもたらすことが、海外の症例からわかってきました。2017年6月、厚生労働省は、12歳未満の子どもがコデインを含む薬の使用を禁忌とする方針を発表しました。

◆コデインには、呼吸器疾患によるせきを鎮める効果があります。小児用も含め、多くのせき止め薬や総合かぜ薬に含まれており、厚生労働省によると、コデインを含む市販薬は約600種類、処方薬では約65種類にのぼるといいます。

◆コデインはモルヒネに似た成分を持っています。体質にもよりますが、小児の場合、コデインの服用によってモルヒネの血中濃度が増加し、呼吸困難などの副作用が生じるおそれがあることが指摘されています。

◆2017年6月、厚生労働省は、12歳未満の小児にコデインを使用しないよう発表しました(2019年をめどに禁忌)。また、12歳以上の小児に投与する場合には、使用法を正しく指導し、経過観察を十分に行うことを、医療関係者を含めて広く喚起しています。

◆日本国内での副作用の症例は1例のみとしながらも、欧米では死亡例も報告されています。すでに欧米では、12歳未満の小児の使用に対し、コデインの使用は禁忌としています。

◆ドラッグストアなどでせき止めの市販薬を購入する際は、コデインが含まれていないか成分欄をチェックしてください。コデインの成分表示は製品によって、「コデインリン酸塩」「リン酸コデイン」「ジヒドロコデインリン酸塩」などがあります。薬剤師に確認するとよいでしょう。

◆子どものせきは、細菌やウイルス感染による咽・喉頭炎、上気道炎、肺炎、気管支喘息などが考えられますが、せきを止めると病状が悪化することもあり、このため個々の症状や状態に応じた治療が必要となります。安易に市販薬に頼らず、まずは医師の診断を受けるようにしてください。

(監修:医療法人社団秀志会 松平小児科院長 松平隆光/2017年11月7日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

1日数行で心をたてなおす

森田式ダイアリーのすすめ

神経症や心身症の苦しみを、自学自修の日記療法で克服する
著:林内科クリニック院長 林吉夫
定価1,512円(本体1,400円)

お医者さんの話がよくわかるから安心できる

「膵がん」と言われたら・・・

膵がんの診断と治療についてわかりやすく解説
著:杏林大学学長・同大学名誉教授 跡見裕 / 杏林大学医学部消化器・一般外科准教授 阿部展次
定価1,620円(本体1,500円)

専門のお医者さんが語るQ&Aシリーズ

甲状腺の病気

進歩した薬物療法、放射線療法、外科療法の情報を紹介
著:東京女子医科大学内分泌疾患総合医療センター内科・大学院教授 佐藤幹二
定価1,458円(本体1,350円)