モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
http://sp.kateinoigaku.ne.jp/

月経異常…専門医の受診を!

基礎体温表、つけていますか

月経周期が不安定、月経痛がひどい、経血量が多いなど、月経に悩む女性は少なくありません。しかし「病院に行くほどではない」と自己判断し、そのままにしていませんか。月経の異常には、大きな疾患が隠れている可能性もあります。

◆月経周期とは、月経が始まった日を1日とし、次の月経が始まる前日までの日数をいいます。正常な月経周期は25〜38日とされ、24日以内で次の月経がくる場合を「頻発月経」、反対に39日以上経つ場合は「稀発月経」と呼びます。

◆月経周期はストレスや疲労などの影響を受けやすいため、周期が不安定な場合は、まず生活習慣を見直してください。なお、卵巣が未成熟な思春期や、卵巣の機能が低下し始める更年期は月経周期が乱れがちなので、あまり心配しなくてよいでしょう。

◆月経周期が乱れている場合、きちんと女性ホルモンが分泌されず、排卵できていないことが考えられます。また、月経周期が規則正しくても、排卵していない場合もあります(無排卵月経)。妊娠を望むのであれば、「排卵の有無」を確かめておくことは重要です。基礎体温表をつけて、きちんと低温期と高温期の2相になっているか確認しましょう。

◆無排卵月経がある、月経がこない、周期が安定しないなど、今までと違う状態が続いている場合は、速やかに専門医を受診してください。また、経血量が異常に多い(過多月経)、レバーのような血の塊が出る、不正出血がある、月経痛が激しい、といった月経そのものに異常がある場合も受診しましょう。

◆ひどい月経痛や過多月経がみられる場合、子宮の病気が原因になっているかもしれません。代表的な病気は、子宮内膜症や子宮筋腫。これらの病気は、不妊の原因にもなるので、痛みがひどい月経が続くようになったら、必ず受診してください。

◆不正出血は、排卵のときに起こる「排卵期出血」の場合もありますが、子宮頸がんや子宮体がんなどの病気が潜んでいる可能性もあるので、軽視してはいけません。

◆月経異常は婦人科系の病気を知らせてくれるサインであり、女性の健康のバロメーターにもなります。月経異常のサインを見逃さないでください。また、受診の際は、「症状が始まった時期」「直近の月経日」「持病や服用中の薬」など、スムーズに応えられるように準備しておくとよいでしょう。基礎体温表があれば持参します。

◆婦人科への受診を「恥ずかしい」とためらわないでください。月経に異常がみられなくても、婦人科のがん検診などは定期的に行うとよいでしょう。信頼できるかかりつけの婦人科医を見つけておくと、年齢に応じた変化を相談でき、支えになるはずです。

(監修:中村クリニック院長 中村理英子/2017年11月16日)


気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

1日数行で心をたてなおす

森田式ダイアリーのすすめ

神経症や心身症の苦しみを、自学自修の日記療法で克服する
著:林内科クリニック院長 林吉夫
定価1,512円(本体1,400円)

お医者さんの話がよくわかるから安心できる

「膵がん」と言われたら・・・

膵がんの診断と治療についてわかりやすく解説
著:杏林大学学長・同大学名誉教授 跡見裕 / 杏林大学医学部消化器・一般外科准教授 阿部展次
定価1,620円(本体1,500円)

専門のお医者さんが語るQ&Aシリーズ

甲状腺の病気

進歩した薬物療法、放射線療法、外科療法の情報を紹介
著:東京女子医科大学内分泌疾患総合医療センター内科・大学院教授 佐藤幹二
定価1,458円(本体1,350円)