モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
http://sp.kateinoigaku.ne.jp/

赤ちゃんとペット、一緒に暮らすために

ペットと赤ちゃんの良質な暮らし

ペットを飼っているけれど、これから赤ちゃんが生まれたら一緒に暮らしていけるだろうか…そんな不安を抱える人も多いかもしれません。赤ちゃんとペットが同居するには、どんなことに注意すればよいのでしょうか。

◆赤ちゃんとペットの同居には、よいことがたくさんあります。子どもの情緒を豊かにしてくれる、命の大切さを学べる、家族を癒やしてくれる。さらに最近の研究では小さいころから動物(特に犬)が近くにいる環境で育つと免疫力が上がり、風邪などをひきにくくなるという報告もあります。

◆ただし、ペットと赤ちゃんが一緒に暮らすには、気をつけなければならないことがいくつかあります。その一つが感染症の予防です。動物から人へ感染する病気を人畜共通感染症といい、例えば犬の主な感染症としては、レプトスピラ症やブルセラ症などがあります。多くは予防ワクチンがあるので、ペットが発症しないよう決められた接種と定期検診をしっかり受けておきましょう。

◆猫で特に気をつけたいのは、トキソプラズマ症です。通常なら感染しても症状は軽く、心配することはありません。しかし、妊娠中の場合は流産や胎児への感染により生後に発育不全などを起こすことがあるので要注意です。また、犬・猫などが保菌するパスツレラ菌、サルモネラ菌の感染や、カビの仲間である皮膚糸状菌による皮膚病にかかる危険もないとはいえません。

◆これらの感染症の感染源は主にペットの排泄物です。ペットの室内トイレは清潔にして赤ちゃんを近づけないこと。ペットのトイレを掃除したあとはよく手を洗い、そのまま赤ちゃんの抱っこやおむつ替えなどをしないでください。赤ちゃんがハイハイをしたり何でも口に入れて確かめようとする時期には、エサの皿やペット用のタオル類なども、こまめに片付けましょう。

◆赤ちゃんが自分で移動できないうちは、床に敷くふとんより、高さがあるベビーベッドに寝かせるほうがおすすめです。動物の毛やフケはアレルギーの原因にもなり得るので、こまめに掃除機をかけたり、換気をしたりしましょう。空気清浄機を利用するのも方法です。

◆これは大人にも言えることですが、病原体の感染は口から移ることも多いので、ペットとキスをする、顔をなめさせるなど、過剰なスキンシップはやめましょう。普段から噛まない・舐めない・引っかかないといった訓練をしておきましょう。

◆また、出産後に赤ちゃんを連れて帰ってきたとき、ペットが嫉妬するといったこともあります。無駄に吠えたり、トイレ以外でおしっこをしたりと、おかしな行動が見られたときは、愛情が欲しいというサイン。赤ちゃんの世話をしつつも、可能な範囲でスキンシップや声がけをしてあげましょう。

◆大切なのは、ペットとの信頼関係や衛生管理、しつけがしっかりできていることです。それができていれば、赤ちゃんを迎えても、ペットは徐々にその環境に慣れ、一緒に遊んだりするようになるでしょう。

◆飼い方でわからないことがあったら、獣医師や犬の訓練士などに相談し、必要に応じてドッグトレーニングを受けるのもよいでしょう。ペットは一度飼い始めたら、一生涯の命を預かり、責任をもって飼うのは当然のこと。何らかの都合でどうしても共存できないと判断したとしても、新たな信頼できる飼い主を見つけるまでの責任は果たしたいものです。

(監修:医療法人社団秀志会 松平小児科院長 松平隆光/2017年12月5日)


気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

1日数行で心をたてなおす

森田式ダイアリーのすすめ

神経症や心身症の苦しみを、自学自修の日記療法で克服する
著:林内科クリニック院長 林吉夫
定価1,512円(本体1,400円)

お医者さんの話がよくわかるから安心できる

「膵がん」と言われたら・・・

膵がんの診断と治療についてわかりやすく解説
著:杏林大学学長・同大学名誉教授 跡見裕 / 杏林大学医学部消化器・一般外科准教授 阿部展次
定価1,620円(本体1,500円)

専門のお医者さんが語るQ&Aシリーズ

甲状腺の病気

進歩した薬物療法、放射線療法、外科療法の情報を紹介
著:東京女子医科大学内分泌疾患総合医療センター内科・大学院教授 佐藤幹二
定価1,458円(本体1,350円)