モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
http://sp.kateinoigaku.ne.jp/

若くてもエンディングノートを

遺言書とは異なります

人生の終わりに備えて書き記しておく「エンディングノート」は、高齢者だけのものではありません。不慮の事故や自然災害などは、年齢に関係なく起こり得るもの。家族のためにも、今のうちからメッセージをしたためておきませんか。人生の最期を考えることは、今をどう生きるかを見つめ直すきっかけにもなります。

◆エンディングノートとは、自分が死亡したり、判断力を失ったりした場合に備え、延命措置や臓器提供についての要望、葬儀や埋葬についての希望、告別式に招いて欲しい知人や友人の連絡先リスト、家族への伝言などを、あらかじめ生前にしたためておくことです。

◆最近は、さまざまな趣向を凝らしたエンディングノートが販売されています。Webサイトからもダウンロードできるので、まずは自分の書きやすそうなものを選んでみましょう。もちろん、自作のノートでもかまいません。

◆まず、預金通帳や保険証書、有価証券など、相続に関する大切な書類の保管場所は、必ず明記しておきましょう。借金やローンについても、正直に記します。大切にしている物については、「蔵書は○○君へ」などと贈り先を明記します。メッセージも付け加えるとよいでしょう。

◆なお、エンディングノートは遺言書と異なるので、財産分与に関しては法的効力がないことを理解しておきましょう。遺品に資産価値が認められる場合もあるので、注意してください。

◆葬儀に参列して欲しい知人の連絡先リストには、「高校時代のテニス部の先輩」といった関係性も記しておくとよいでしょう。思い出や当時のエピソードを語り合える相手がいることは、遺された家族にとっても励みになります。

◆また、遺影用の写真を用意しておくこともおすすめします。SNS用のプロフィール写真などを撮るつもりで、数年おきにポートレートを撮っておくと安心です。最近では、葬儀会社が撮影会を行っていたりするので、利用してみるのもよいでしょう。

◆家族や親しい友人へのメッセージも残しておきたいものです。日頃は照れくさくて口にできない感謝の気持ちなども、書き記しておきます。普段の会話が少なくても、心の内をきちんと伝えましょう。また、家族には、自分がエンディングノートを書いていること、保管場所、何かあったらそれを開いて欲しいことを伝えておくとよいでしょう。

◆何度でも書きかえることができるので、最初から完璧に仕上げようとせず、気軽に始めてみてください。思いついた際に書き足していきましょう。元日や誕生日など、節目を機会に見返すと自分の変化も確認できます。よりよい最期を迎えるために、今をどう生きるべきかを見つめ直すきっかけになるかもしれません。

(監修:目黒西口クリニック院長 南雲久美子/2017年12月14日)


気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

1日数行で心をたてなおす

森田式ダイアリーのすすめ

神経症や心身症の苦しみを、自学自修の日記療法で克服する
著:林内科クリニック院長 林吉夫
定価1,512円(本体1,400円)

お医者さんの話がよくわかるから安心できる

「膵がん」と言われたら・・・

膵がんの診断と治療についてわかりやすく解説
著:杏林大学学長・同大学名誉教授 跡見裕 / 杏林大学医学部消化器・一般外科准教授 阿部展次
定価1,620円(本体1,500円)

専門のお医者さんが語るQ&Aシリーズ

甲状腺の病気

進歩した薬物療法、放射線療法、外科療法の情報を紹介
著:東京女子医科大学内分泌疾患総合医療センター内科・大学院教授 佐藤幹二
定価1,458円(本体1,350円)