モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

痛み、ムカつき…検査で「異常なし」の胃の不調とは

胃の不調、ストレスが原因?

食べ始めたばかりなのに満腹になったような感じがする、胃がもたれる、みぞおちのあたりが痛い。こんな症状をくり返すため、病気ではないかと心配になり、検査を受けたところ何も異常が見つからない。でも、胃の調子がすぐれず、元気も出ない。こういう場合に考えられるのは?

◆「機能性ディスペプシア」は、胃のもたれ、痛み、膨満感などの症状が慢性的に続いているにもかかわらず、胃内視鏡(胃カメラ)検査などを行っても異常が見つからない病気です。以前は「慢性胃炎」などとされていたもののうち、炎症などの異常がみられない場合に、この名前で呼ばれるようになりました。

◆胃に異常はないといっても、患者さんにとっては不快な症状があるわけですから、日常生活にはさまざまな支障があります。食事をおいしく食べられず気分がしずみ込む、症状が気になって仕事や家事がはかどらない、物事に集中できないなど、生活のあらゆる場面に悪影響を及ぼします。命にかかわることはないといっても、本人にとっては重大問題です。

◆異常がないのに症状があらわれるのは、胃の働き(機能)が悪くなっているからです。健康な胃は、口から入って食道を通ってきた食べ物を、胃の上部を広げて胃の中にたくわえます。次に、蠕動(ぜんどう)運動という、波打つような動きで食べ物と胃酸を混ぜ合わせておかゆのような状態にし、十二指腸へ送り出します。

◆機能性ディスペプシアでは、こうした機能のどこかに障害が起きて、胃の痛み、もたれ、膨満感などの症状が出ると考えられています。胃の上部が広がらずに胃の中に食べ物をたくわえられない、胃の蠕動運動が低下して食べ物を十二指腸へ送り出せない、あるいは、胃が知覚過敏に陥り、少量の食べ物で胃の内圧が上がり膨満感を感じたり、胃酸に対して過剰に痛みや焼けるような感じを受けることからこのような症状をきたすと考えられます。

◆さらに、こうした機能の異常は、生活上のストレスと密接につながっているといわれています。胃の働きは自律神経の影響を受けやすいことから、仕事や家庭でのストレスが過剰になり、胃の機能を低下させているのかもしれません。

◆症状の改善には、薬物療法、心理療法のほか、食事、睡眠、運動などの生活習慣の改善が必要です。過食、早食い、過度の飲酒、不規則な食生活を改め、禁煙すること。過労や睡眠不足を避け、ストレスをためないこと。適度に体を動かして、気分転換を図ることも大切です。かかりつけの内科や心療内科などの医師に相談してみましょう。胃の薬のほか、抗うつ薬などで症状が改善される場合も少なくありません。

(監修:東急病院、東急健康管理センター所長 伊藤克人/2013年2月15日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)