モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

危険な病気のリスクがわかる 「LH比」とは

悪玉コレステロールが正常でも動脈硬化は進む?

健診で「LDL(悪玉)コレステロール値が高い」と結果が出ると、動脈硬化やその合併症が心配になります。しかし、たとえコレステロール値が正常でも動脈硬化が進む場合があることがわかってきました。重要なのはLH比。いったいどうやって知ればよいのでしょう?

◆コレステロールはもともと細胞に必須の物質で、血液中ではたんぱく質と結合した形(リポたんぱく)で存在しています。おもなリポたんぱくはLDL(低比重リポたんぱく)とHDL(高比重リポたんぱく)の2種類で、LDLは「血管にコレステロールを運ぶ」はたらき、HDLは「血管からコレステロールを取り除く」はたらきをもっています。

◆現代人はおいしいものに恵まれ、一般的に食べすぎの傾向があるためLDLが過剰になり、血管の内膜にコレステロールがたまりがちです。この状態では血液がサラサラではなく次第にドロドロになって動脈硬化が進んでしまいます。そのため、コレステロールを血管に運び込むLDLはしばしば「悪玉コレステロール」と呼ばれています。一方、HDLは「善玉コレステロール」と呼ばれます。

◆健診では、LDLが血液1dL当たり140mg未満(ただし120〜139mgは境界域)、HDLが40mg以上であれば「正常」です。しかし近年、この基準には疑問が生じています。LDLが正常値でも、心筋梗塞を起こす例が多いことがわかってきたからです。また、こうした例は一般にHDLが低い傾向にあります。こうしたことから、LDLとHDLのバランスが重要な意味をもつと考えられるようになってきました。

◆そこで注目されるのがこの悪玉と善玉2つの値の比、LH比です。これはLDL値をHDL値で割った値で、1.5未満なら血管内はきれいな状態、2.0以上2.5未満は動脈硬化が疑われる状態、2.5以上は血栓ができている可能性があり、心筋梗塞のリスクがあるとされています。たとえばLDLが135mg、HDLが45mgなら健診の個別項目としては正常範囲ですが、LH比は3.0となり、心筋梗塞のリスクを抱えていることになります。

◆LH比を下げたい場合には、HDL値を上げ、LDL値を下げる必要があります。HDLは高値になっても問題ありません。一方、LDLが悪玉といわれるからといって80mg未満になると今度は脳出血のリスクが高まるという報告があり、また、先天的にLDLが低い人は血管壁が弱くなりやすいともいわれています。したがって、LDLの目標値は年齢、高血圧症・糖尿病などの有無、喫煙歴、家族歴(近親に狭心症や心筋梗塞になった人がいるか)などによって異なります。この点については、かかりつけ医と相談して、自分に合う目標を立てましょう。

◆LH比を改善するには、生活習慣の見直しが大切です。まずHDLは、禁煙と適度な運動で増えてきます。一方、LDLについては、食べすぎない、コレステロールの多い食品(卵、魚卵、内臓類など)を控えめにする、コレステロールの吸収を抑える食品(大豆製品、海藻、キノコなど)をとるなどを心がけましょう。緑黄色野菜やナッツ類、青魚の摂取も動脈硬化を予防します。

(監修:虎の門病院 内分泌代謝科医長 宮川めぐみ/2013年2月25日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)