モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

秋は抜け毛の季節?

夏の疲れが抜け毛を増やす!

秋はもっとも脱毛本数が増える季節といわれます。秋になって、シャンプー時の抜け毛の多さに気づく人も多いでしょう。その原因は、夏の間の頭皮への過酷な環境。しっかりケアして、頭皮と頭髪の健康を取り戻しましょう。

◆厳しかった残暑がおさまるころ、シャンプー時に排水口に抜けてたまった自分の髪の毛の多さにギョッとする…。秋になると経験的に、抜け毛が増えると感じている人は少なくないでしょう。通常、髪は1日に100本ほど抜けますが、秋には1日200本前後になる場合もあるといわれます。秋の抜け毛の原因は、夏の間の頭皮へのダメージです。

◆夏の紫外線は強烈で、頭皮にも日焼けを起こします。例えば、髪の分け目をいつも同じところにしていると、その部分が日焼けして色が黒くなっていることがあります。紫外線のダメージを受けると頭皮が日焼けするほか、毛根もダメージを受けて抜け毛の原因になります。

◆大量の汗も頭皮にはよくありません。汗が多いと毛孔の角層が蒸れ、毛穴を塞いでしまい、汚れがたまりやすくなります。また、朝夕シャワーに入るたびにシャンプーをするといった洗いすぎも髪への負担を増やします。

◆とはいえ、秋の抜け毛は少しでも減らしたいもの。おすすめのヘアケアをご紹介しましょう。まず大事なのは毎日のシャンプーです。朝よりも夜のほうが効果的、その日の汚れはその日のうちにさっと洗い流しましょう。

◆シャンプーでは毛穴の皮脂や汚れをしっかりと落とします。髪を洗うのではなく、頭皮を洗う感覚で、指の腹を使ってゆっくりもみほぐすように洗いましょう。頭皮を同時にマッサージすると血行がよくなり、毛根への栄養も届きやすくなります。洗った後は、すばやくドライヤーで乾かし、頭皮の余分な水分を取ります。

◆特にダメージを感じている人では、アミノ酸系の洗浄成分を含んだシャンプーや頭皮用のエッセンス、育毛剤を使ってみてもいいでしょう。育毛剤というと薄毛の人が使うものというイメージがありますが、頭皮の環境を保ち髪を育てるサポートをしてくれます。最近は女性用のエッセンスや育毛剤も発売されています。

◆加えて、食事や運動に気を配ることも大切です。夏、暑いからといって食事量が減ったりしなかったでしょうか。また、ダイエットをしたりして、毛髪の成長に必要なタンパク質、ビタミンなどの栄養を十分にとれなかったことはありませんか? 夏の間の栄養不足は秋の抜け毛に大いに影響してきます。

◆髪の材料となるたんぱく質、アミノ酸をしっかりとるためにも、バランスのよい食事を心がけましょう。また、適度な運動は頭皮の血行促進にプラスに働きます。冬に向かって乾燥の季節を迎える前に、夏のダメージから頭皮と髪の健康を取り戻しましょう。

(監修:関東中央病院 皮膚科特別顧問 日野治子/2013年10月29日)


気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)