モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

朝食が重要! 時間と栄養の深い関係

食べる時間と順番が重要

睡眠やホルモンの分泌などを司る体内時計が、栄養の吸収にも関与していることがわかってきました。健康維持を考える上でも、「いつ食べるか」「どう食べるか」が重要なキーワードになりそうです。

◆毎日の食事や睡眠など、私たちは一定のリズムを保って生活をしています。このリズムを作っているのは、私たちの体にセットされている体内時計です。最近、注目されているのがこの体内時計に着目した「時間栄養学」。食べ物を「いつ食べるか」「どう食べるか」で、その後の消化・吸収が変わってくることがわかっています。

◆体内時計は脳の視床下部の視交叉上核(SCN)にあると考えられており、近年、体内時計の本体を構成する多くの「時計遺伝子」が発見されています。時計遺伝子は心臓や肺、肝臓、皮膚、血液などにも存在し、視床下部の時計遺伝子を主時計として同じように働いています。

◆私たちの体は、周期の異なるいくつかの体内時計を持っていますが、そのうち食事に関係するのは、1日周期の「サーカディアンリズム」(概日リズム)です。栄養の吸収を促すホルモンや消化管の運動などを司っており、ほかに睡眠や目覚め、ホルモン分泌、自律神経の働きなどにも関係しています。

◆サーカディアンリズムは正確には25時間周期といわれており、そのままでは毎日ずれが生じることになります。このずれをリセットして時計細胞を正しく動かすのが朝食です。特に小腸の時計細胞をリセットするためには、タンパク質の摂取が有効とされています。

◆朝食を抜くと体内時計がうまくリセットされないだけでなく、前夜の夕食から昼食まで、約15〜17時間もあいてしまいます。食事間隔があくと体は省エネモードになり、できるだけ脂肪を蓄えようとします。食事回数は少ないのに体重が増えていくということになりかねません。

◆さらに、時間栄養学では、食べる順番も栄養の吸収に関係することが明らかにされています。空腹時に炭水化物を急いで食べると血糖値は急激に上昇、過分な血糖は脂肪に変わってしまいます。野菜類を先に食べると、血糖値の急激な上昇を防げることがわかっています。ゆっくり食べることも心がけましょう。

◆体内時計に関しては、栄養だけでなく治療面でもその重要性が認められてきています。例えば、心筋梗塞は午前中の発症が多く、ぜんそくは未明から明け方に発作が多くみられます。発症の多い時間帯に合わせて薬の効果が最大になるような仕組みや、効果が高く副作用が少ない時間帯についての研究なども進められています。

(監修:東京医科大学病院 総合診療科 原田芳巳/2013年11月14日)


気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)