モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

気になる背中やお尻の吹き出物

なぜ、背中やお尻にもできる?

ところかまわずにできる吹き出物やおでき。特に女性にとっては気になるものです。なぜ、背中・胸部・腹部・お尻などにニキビやおできができるのでしょうか。

◆ニキビは、過剰な皮脂分泌によって毛穴が詰まり、そこにニキビ桿菌やブドウ球菌が感染して起こります。皮脂腺は全身にあるため、ニキビもあちこちにできます。

◆ニキビと一言で言いますが、医学的には顔面や胸、背中のものは尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)と呼ばれます。お尻や腋下、陰股部などにできるのは毛包炎、俗におできと言われる皮膚の病気です。

◆特に皮脂腺の多い背中にできるニキビは、直接見えないだけに困りもの。一方、座っている際にこすれたり圧迫されたりするお尻も、角質が毛穴をふさぎやすいので、おできができやすい場所です。お尻の場合、下着による蒸れも原因菌の繁殖につながります。

◆セルフケアの鉄則は、新しくできたニキビを絶対につぶさないこと。むやみに触ると痛みを感じたり、炎症を起したりします。なかなか治らない場合は皮膚科を受診して、塗り薬や内服薬を処方してもらいましょう。

◆生活面での工夫としては、皮膚を清潔に保つ、できるだけ刺激しない、通気性・吸湿性のよい下着を使う、規則正しい生活と十分な睡眠でストレスを減らす(ストレスは男性ホルモンの分泌を増やしニキビの原因になる)、栄養バランスのよい食事を心がけ、脂肪や糖質をとりすぎないなど。日ごろから気をつけていることが大切です。

◆できものとしては、ほかに粉瘤(アテローム)もよくみられます。毛穴の一部が皮膚のなかで袋状になった良性腫瘍で、ニキビと同様に全身のあちこちにできます。通常、痛みやかゆみはありませんが、感染や炎症を起こすと赤く腫れて痛みが出ます。

◆つまんで押すと異臭を伴う白くてネバネバした物質が出てくるので、脂肪の塊と思われがちですが、中にたまっているのは毛穴の表皮の垢や皮脂腺から出た皮脂です。原因ははっきりしていませんが、何度もできたり複数個できる場合は、生まれつきの体質も関係していると考えられます。

◆化膿した場合、抗生物質や切開によって腫れや痛みを取り除きますが、これはあくまで応急処置で、根治のためには袋ごと摘出する手術が必要です。粉瘤が大きくなったり、感染や炎症をくり返して周囲の組織が線維化すると、再発するケースもあります。「粉瘤の手術はなるべく早く」が原則です。

◆ニキビやおできはさまざまな原因でできます。また、ニキビと思っていて、実は真菌感染症だったという場合も。長引く場合は、皮膚科で相談してください。

(監修:関東中央病院 皮膚科特別顧問 日野治子/2013年12月12日)


気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)