モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

気になるあせも、ニキビ、吹き出物…

皮脂と汗のケアがカギ

夏の肌でまず気になるのは紫外線。でも、それ以外に分泌量が増える皮脂や汗も、皮膚トラブルの原因となります。ニキビや吹き出物を予防するためにできることは?

◆紫外線や汗、虫刺されなど、夏は皮膚にとって厳しい季節です。これらは皮膚への刺激となって、さまざまなトラブルを招きます。湿疹やかぶれ、あせもなど、接触性の皮膚炎が増えるのもこの季節です。

◆皮膚トラブルの代表格であるニキビは、皮脂の分泌量に比例して出やすくなります。夏は気温の上昇とともに新陳代謝が活発になり、冬の2倍の皮脂が分泌されるともいわれます。

◆過剰な皮脂は十分に分解されず、毛穴を塞ぎます。その結果、古い角質がたまってニキビの原因となるアクネ菌が増殖。さらに、汗の量が増えて雑菌が付着しやすくなることもニキビの発生を促します。

◆ニキビのほかにも、夏の肌では毛穴や毛根、毛包に起こる疾患が増加します。特にブドウ球菌が毛包で繁殖して炎症を起こす「毛包炎(毛嚢炎)」、マラセチアという皮膚の常在菌(真菌)が毛包で増殖して炎症を起こす「マラセチア毛包炎」などに注意が必要です。

◆これらの疾患では、赤い発疹が表れ、膿を持ったり腫れて痛んだりします。マラセチア毛包炎の場合、発疹は胸や背、肩、上腕などに好発し、大きさが均一でくっつき合わないのが特徴です。毛包炎(毛嚢炎)は首の後ろや体幹部にもでき、いわゆる「おでき」のような状態になります。

◆気になって患部を触ったり、掻きむしったり、膿をもった部分をつぶしたりすると、かえって悪化させてしまいます。また、発疹かニキビかが区別しづらい場合もあります。なかなか治らなかったり、強いかゆみや痛みを伴うようなら、皮膚科を受診しましょう。早目に治療すれば、跡が残ることも防げます。

◆皮脂や汗のケアとしては、1日の終わりに日焼け止めや化粧をきちんと落とし、シャワーや入浴でその日の汗や汚れを洗い流すこと。石けんの洗い残しやタオルなどで皮膚をこすり過ぎることにも注意しましょう。石けんは低刺激性のものが向いており、洗った後は乳液などで保湿します。

◆汗の季節にもう1つ気をつけたいのが、頭皮のケア。汗には塩分や皮脂、汚れなどが混じっており、夏になるとフケが多くなる方も少なくありません。フケというと乾燥した頭皮がぱらぱらと落ちるイメージですが、これは乾性のフケで、高温多湿の時期に増えるのは湿性のフケです。

◆ニキビやあせもと同じく、頭皮でも同じように皮脂の分泌が過剰になり、汗を大量にかくことによって炎症が起きます。脂漏性皮膚炎という病気です。毛根の周囲に黄色いべたつくフケを見つけたら要注意。脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌の多い人に多く、頭皮だけでなく、髪の生え際、額、鼻の周りなど、皮脂腺の多い部分に多発します。

◆さらに、わきの下や胸、そけい部などにも広がっている場合、マラセチアなどの真菌に感染していることも考えられます。湿性のフケがなくならない場合や、頭皮以外の部分にも赤い発疹が見られる場合も、やはり皮膚科を受診してください。

◆脂漏性皮膚炎の予防には、アルコールや刺激の強い食べ物など、皮脂の分泌を促進するもの、高脂肪の食品をできるだけ避けるようにします。逆に皮脂分泌を調整する働きを持つビタミンB2、B6を多く含む食品、例えば豆製品、緑黄色野菜、魚、豚肉の赤身などを積極的にとるようにしましょう。

◆夏の皮膚の健やかに保つには、皮脂と汗のケアが大切。皮膚は内臓の鏡ともいわれ、胃腸の疲労や全身状態を現します。ストレス、過労、睡眠不足は皮脂の過剰な分泌を促します。清潔に加えて、日ごろからこれらのことに気をつけた生活を心がけてください。

(監修:関東中央病院 皮膚科特別顧問 日野治子/2014年6月26日)


気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)