モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

切った髪の毛、贈ってみませんか?

髪の毛のギフト

医療用のウィッグ(かつら)を製作するために髪の毛を寄付する行動を「ヘアドネーション」といいます。病気の治療などで髪の毛を失った子どもたちに、無償でウィッグを提供している活動があります。その気になれば、誰でもできるボランティアです。

◆小児がんや白血病などの治療で使用する一部の抗がん薬や頭部への放射線治療、また、ケガなどによって子どもに脱毛が起こる場合があります。治療後は元に戻ることも多いのですが、一時的にせよ、毛が抜けた、髪を失ったというショックは大きいものです。

◆そうしたショックを軽減するために用いられているのが医療用ウィッグ(かつら)。ウィッグ1体の製作には20〜30人分の髪の毛が必要ですが、そのための髪の毛を寄付する行為がヘアドネーションです。

◆18歳までの子どもたちのために、髪の毛の寄付を募り医療用ウィッグ「OneWig」を製作、無償でプレゼントしている団体があります。JHDAC(JAPAN HAIR DONATION & CHARITY)というNPO法人で、「OneWig」という名前には世界に1つだけという意味が込められています。

◆髪の毛を集めているのは、JHDACの活動に賛同する全国のヘアサロン。自分の髪の毛を寄付したい場合、提供できる髪の条件は次の通りです。
@長さは12インチ(30.48cm)以上。乾燥した状態でくせ毛の場合は伸ばして測定
Aパーマや縮れ毛の矯正などがあっても、極端なダメージがなければOK
Bヘアカラーで染色した髪、白髪が混ざっている髪、カット後時間がたった髪、天然パーマなども可

◆髪の毛は、ばらつかないように根本を縛った状態でカットする必要があります。そのため、いつも利用しているヘアサロンにお願いする場合は、切った髪を束ねて持ち帰りたい旨をあらかじめ相談してからカットするとスムーズです。

◆髪の毛の送付方法としては、まず束にした髪の毛の根本、中央部、毛先の3か所を輪ゴムなどで縛ります。ビニール袋などに入れた上で、住所、名前(振り仮名)、電話番号、メールアドレス、受取確認の要・不要、メッセージなどを必要事項のメモと一緒に封筒に入れて郵送。郵送代は提供者の負担になります。

◆逆に、「OneWig」を希望する場合は、まずはメールまたは手紙でJHDACに申し込みをします。対応は申請順で、スケジュールの確認→頭のサイズの採寸→ウィッグ到着(1か月後位)→美容師によるスタイルカット(ウィッグのカット)を行って完成です。採寸とスタイルカットは美容室(賛同サロン)で行います。

◆ウィッグは人工毛より人毛のほうが、色つやなどがより自然に仕上がります。あなたの髪の毛で、病気で髪を失った子どもたちの心に明るい光をともすことができるかもしれません。

(監修:虎の門病院 内分泌代謝科医長 宮川めぐみ/2015年5月4日)


気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)