モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

腕時計やベルト、ピアスが原因に

ファーストピアスは要注意!

金属アレルギーは、アクセサリーなどに使われる金属が原因でかぶれなどの症状を引き起こします。これから夏に向かって、汗をかく季節になるとトラブルも増加。予防のために気をつけるべきことは?

◆金属アレルギーは、アクセサリーなどに使われる金属が汗や体液などによってイオン化、体内のタンパク質と結びつくことでかゆみや湿疹などの症状が出現します。一度アレルギーが成立すると、同じ金属に触れたときに同様の反応を繰り返します。

◆原因となるアクセサリーで最も多いのはピアス。特に初めてピアスを付けたときに発症するケースが多くみられます。また、素肌に触れるネックレスなどが原因となることも。アクセサリー以外では、時計やベルト、ヘアピン、下着の金具、歯科治療で使われる金属などもアレルギーを起こすことがあります。

◆金属と一口にいっても、種類によっても異なります。アレルギーを起こしやすいのは、ニッケル、コバルト、クロム、亜鉛、マンガン、銅など。アクセサリーには、複数の金属を混ぜ合わせた合金やメッキ加工されているものが少なくないことにも注意が必要です。

◆ニッケルは汗に含まれる塩素イオンに反応しやすいため、最もアレルギーを起こしやすいとされます。加工のしやすさや光沢があること、錆びにくさ、価格などの理由からさまざまなアクセサリーに使われることの多い金属です。ニッケルに次ぐのはコバルトで、メッキの下地などの用途で銀製品や金製品に用いられています。

◆逆に比較的安心といわれるのは、銀、プラチナ、金、パラジウムなどで、最も安全とされるのはチタンです。チタンは構造的に非常に安定していて、イオン化されにくいことがその理由。医療材料としても、さまざまな用途で用いられています。

◆金属アレルギーが疑われるときは、すぐに原因と思われるアクセサリーなどの着用を中止して皮膚科を受診してください。軽いかぶれだからといってアクセサリーを使い続けると症状の悪化や慢性化を招き、治療が困難になることもあります。

◆皮膚科ではパッチテストによるアレルゲンの特定が行われ、皮膚の炎症やかゆみに対しては、炎症を抑えるステロイド外用薬や抗アレルギー薬が処方されます。歯科治療の金属が疑われる場合は、歯科医に相談してください。

◆アクセサリーを選ぶ際には、アレルギーを起こす金属が含まれていないか確認することが大切です。金は24金ではアレルギーを起こしにくいのですが、含有率が75%以下の18金の場合は、銀、銅、パラジウム、ニッケルなどが混ぜられているため注意が必要。銀も同様に純度によって違いがあります。

◆金属アレルギーは、特にこれまで問題のなかった方でも、突然発症することがあります。直接皮膚に触れるものについては、できるだけ純度の高いものを選ぶことが金属アレルギーの予防につながります。

(監修:関東中央病院 皮膚科特別顧問 日野治子/2015年5月13日)


気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)