モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

「薬+日光」が起こす肌トラブル

原因となる薬はさまざま

光線過敏症は日光への曝露によって起こる皮膚の反応で、さまざまな皮膚トラブルを招きます。その人本来の皮膚の性質もありますが、薬剤が原因となる場合も少なくありません。治療や予防に際して、どのようなことに気をつければいいでしょうか。

◆光線過敏症では日光にあたった部位が赤く腫れたり、発疹や水ぶくれ、かゆみなどの症状が現れます。日焼けによる皮膚の炎症と異なり、普通の人には問題のない日光量でも発症。遺伝性の病気や、代謝障害、アレルギーなど、原因はさまざまですが、薬剤による場合も少なくありません。

◆薬剤による光線過敏症には、光接触皮膚炎と光線過敏型薬疹の2つのタイプがあります。光接触皮膚炎は塗り薬や貼り薬など、外用薬を使った部分に日光が当たることで炎症を起こすもの。この場合、炎症の範囲は薬を用いた部位に限られます。

◆一方、光線過敏型薬疹は内服薬をある程度の期間継続しているうちに、日光に当たった部分に炎症が起こります。顔や耳、首、腕、膝から下など、衣服に覆われていない日に当たりやすい部位に広範囲に起こるのが特徴です。

◆薬の種類としては消炎鎮痛薬のほか、一部の抗菌薬や降圧薬なども挙げられます。また、貼布薬の場合、以前に貼った部分でかなり後になって炎症を起こすことも。そのほか、化粧品が原因となるケースもあります。

◆光接触皮膚炎も光線過敏型薬疹も、ともにアレルギー反応と考えられます。薬剤による皮膚症状が疑われる場合は、早めに受診して適切な診断・治療を受けるようにしてください。他の病気で医療機関を受診する際にも、光線過敏症を起こしたことのある薬剤を伝えることが必要です。

◆治療の基本は、原因となった薬の使用を中止して日光を避けることですが、急に自分勝手に中止してはいけない薬剤もあります。主治医に必ず相談してください。できるだけ外出を避けることで、症状は2週間程度で治まります。やむを得ず外出する場合は、長そで、長ズボン、帽子、スカーフ、靴下など、服装にも注意しましょう。

(監修:関東中央病院 皮膚科特別顧問 日野治子/2015年5月26日)


気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)