モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

汗をかかない子ども、何がよくない?

汗かきの重要性

汗ばむ季節がやってきました。お子さんはしっかりと汗をかけていますか。汗は体温調節に欠かせないものですが、最近では汗をかかない子どもが増えているといいます。汗をかけないと、どんな影響があるのでしょうか?

◆私たちの体は常に熱を必要としており、運動時はもちろん、安静時や食事中にもエネルギーを消費して熱を産生しています。熱の大きな役割は体温を一定に維持すること。寒くなると体を震わせて熱を作り出し、気温が高いときには活発に発汗して、汗が乾くときの気化熱によって体温が上がり過ぎないように調節しています。

◆しかし、最近では暑くても汗をうまくかけない子どもが多いといいます。その主な原因とされるのは空調設備の普及。エアコンが当たり前の環境で育つと、夏でもそれほど汗をかかずにすんでしまいます。それにより、汗を出す汗腺が十分に発達せず、外で遊んで体温が上昇しても汗が出せなくなるのです。

◆汗を十分に出すことができなければ体温がうまく調節できず、熱中症にもかかりやすくなります。また、体が熱を作りにくくなることで基礎代謝(安静な状態で体を維持するために必要なエネルギー量)が下がってしまいます。

◆汗を出す汗腺の数は、2〜3歳くらいまでの間にどんな環境で過ごしたかによって決まるといわれています。日本人の汗腺の数は250〜350万位とされますが、幼少時に獲得した汗腺の数は大人になっても変わることがありません。そのため、子どものころの生活が重要なのです。

◆汗をかける体づくりには、次のようなことがおすすめです。
@積極的に体を動かして遊び、汗をかくようにする。
Aエアコンの設定温度は、外気温のマイナス5℃を目安に下げ過ぎないようにする。
B入浴はシャワー浴だけですませず、浴槽につかってしっかりと汗を出す。
C汗をかいた後は水分補給もしっかりと。

◆汗腺の数が多くても、汗をかくことがなければその機能は低下します。また、暑いと感じることは、子どもの自律神経の発達にもつながります。これからの季節、思い切り汗をかける体づくりを意識してみてはどうでしょうか。

(監修:慶應義塾大学病院小児科 肥沼悟郎/2015年7月2日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

手術以後のすごし方

子宮がん・卵巣がん そのあとに…

婦人科がんの病後・手術以後の生活ガイド
監修:国立がん研究センター中央病院 婦人腫瘍科 科長 加藤友康
定価1,728円(本体1,600円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)