モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

充血、痛み、涙…「はやり目」どう予防?

他人にうつさないために

この時期になると、プールなどで結膜炎がうつったという子どもが増えてきます。特にウイルスを原因とするものは感染力が強く、家族内で感染が拡がることも。予防にはどんなことに気をつければよいのでしょうか。

◆目にも感染症があるのをご存じでしょうか? はっきりとは知らなくても「はやり目」という言葉は聞いたことがあると思います。医学的には感染性結膜炎と感染性角膜炎のことを指し、流行性結膜炎、流行性角膜炎と呼ばれる場合もあります。ここでは、感染性結膜炎について述べます。

◆結膜とは白目の表面やまぶたの内側を覆っている膜のことです。感染性結膜炎の原因となるのは、ウイルスや細菌の感染。主な症状として、目の充血や痛み、涙目、目やになどが現われます。

◆原因ウイルスとしては、アデノウイルス、エンテロウイルス、ヘルペスウイルスなどが挙げられます。特にアデノウイルスは感染力が強く、8型、19型、37型、54型のアデノウイルスによるものでは、下あごの付け根周囲のリンパ節が腫れたり、結膜の表面に炎症性の白い膜が現れることもあります。

◆アデノウイルスの3型、4型、7型などによって発症するタイプは、「プール熱」とも呼ばれます。目の症状はそれほど強くありませんが、喉の痛みや発熱を伴うことが特徴です。夏風邪として流行する年もあります。

◆エンテロウイルスが原因の場合は、両目の充血や目やに、ごろごろ感などが急に起こるほか、白目の部分の出血が目立ちます。ヘルペスウイルスによるものは、子どもが初めてヘルペスウイルスに感染したときにみられることも少なくありません。目の周辺の皮膚に水疱が出ることもあります。

◆ウイルスが原因となる場合、治療は対症療法が中心です。炎症を鎮める非ステロイド性の抗炎症点眼液やステロイド点眼液で症状を緩和します。加えて、細菌感染を防ぐために抗菌点眼液を用いることもあります。

◆一方、細菌が原因の場合、起炎菌となるのは、インフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌、肺炎球菌など。いずれも感染力はそれほど強くなく、体力や抵抗力が落ちていたり、目にけがをしているときなどに感染しやすくなります。治療は主に点眼の抗菌薬を用いますが、軟膏や内服薬を使用することもあります。

◆家庭内で感染を拡大させないためには、タオルなどを共用しない、目を拭く際はティッシュなど使い捨ての物を使う、入浴は最後にするなどの対策が必要です。ウイルスによるものは感染力が強いため、学校伝染病に指定されています。それ以外でも医師が感染のおそれがないと判断するまでは、登園・登校は停止となります。

(監修:梶田眼科院長 梶田雅義/2015年7月20日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)