モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

子どもにも起こる「関節リウマチ」

痛みや腫れが6週間以上続いたら要注意!

若年性特発性関節炎とは、16歳未満で発症した慢性に経過する関節炎を指し、以前は若年性関節リウマチ、あるいは若年性慢性関節炎と言われていたものです。大きく全身型と関節型に分かれます。治療の目的は、病状を悪化させず寛解状態を維持すること。症状に合わせて薬物療法やリハビリテーションが行われます。

◆手や足の関節に慢性的な炎症が起こり、痛みや腫れが生じる代表的な病気に関節リウマチがあります。中高年に発症しやすいイメージがありますが、実は子どもたちにも起こり得る病気です。

◆16歳未満で発症した場合には、若年性特発性関節炎と呼ばれます。関節の痛みや腫れ、発熱、全身の倦怠感などの症状が6週間以上続く場合に疑われます。大きく全身型と関節型に分けられます。全身型は難病に指定されており、関節症状よりも全身症状が強く出現することが特徴。関節型はその名の通り、関節の腫れや痛みが主な症状です。

◆いずれも関節リウマチと同じく、関節の内側にある滑膜という部分に炎症が起こります。炎症が進むと軟骨や骨が破壊され、変形して動かなくなってしまうことも。免疫に関係しているサイトカインと呼ばれる物質の過剰な活性化が原因と考えられており、早期の治療が重要になります。

◆全身型は3歳と8歳に発症のピークがあり、男女比はほぼ同程度。関節の腫れや痛みに加え、1日のうちで38〜39℃の高熱と平熱が繰り返される弛張熱、発熱時に現れるサーモンピンク色の発疹などが特徴です。

◆治療ではまず非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)が用いられ、効果がなければステロイド薬、さらにサイトカインの働きを抑える生物学的製剤が使われます。そのほか、血漿交換療法やパルス療法などが行われます。

◆一方、関節型では6週間以上続く関節の痛みが、症状として強調されます。複数の関節が痛むケースのほか、1か所だけ痛む場合も。関節が腫れて熱を持ち、圧痛(押すと痛い)や運動痛、可動域の減少が起こります。また、痛みを感じるほどではなくても、起床時に関節のこわばりを感じるといった場合も要注意です。

◆4〜5歳の女児に多くみられ、全身型に比べると軽症例が多い傾向です。まぶしい、霧がかかったみたいに見えるなどの目の症状を併発する可能性があるので、眼科の受診が必要となることもあります。5か所以上の関節に症状が見られる場合は、左右同じ場所、発熱は微熱程度のことが多いようです。

◆関節型の薬物治療では、免疫を調整する働きを持つメトトレキサートが中心的な役割を果たします。単独での投与のほか、NSAID、ステロイド薬と併用するMAP療法が一般的に行われており、効果不十分または無効の場合は、生物学的製剤の投与が検討されます。

◆関節を動かして筋肉の萎縮を防ぐリハビリテーションも薬物治療と並んで重要です。日常生活では、症状のある関節を酷使しない、過労やストレスを避ける、かぜなどの感染症にかからないようにするといったことに注意が必要。病状を悪化させず、問題となる症状のない寛解の状態を維持していくことが、治療の目標になります。

(監修:慶應義塾大学病院小児科 肥沼悟郎/2015年9月16日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)