モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

知っておこう!ピルの効能

正しい知識を身につけて

ピルは避妊薬であると同時に、月経困難症や子宮内膜症など婦人科疾患の改善にも有効な薬です。含まれるホルモンの量によって、中用量ピル・低用量ピルなどと区分され、用途も広がってきています。ピルの正しい知識を身につけ、有効に活用しましょう。

◆ピルは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンが配合されたホルモン剤です。脳の女性ホルモンを司る部分に働きかけ「妊娠状態」や「閉経状態」と錯覚させることで排卵を抑制し、それによって妊娠を防ぎます。低用量ピルは、避妊薬としてだけではなく、主に月経痛や月経不順の改善を目的に使用されます。

◆低用量ピルを服用していると、排卵が無いために子宮内膜が厚くならないうちに月経が起こるので、出血量が減り子宮収縮も抑えられて月経痛が軽くなります。さらに、排卵前後のホルモンの変動が抑えられ、月経前症候群(PMS)の症状も軽減されます。

◆子宮内膜症の治療薬としても認められており、すでに子宮内膜症にかかっている場合は、進行をくい止めたり、遅くしたりすることが可能です。きちんと服用すれば月経の周期を整えることができ、また月経日を調整することもできるので、旅行や試験、大事な試合といった日を避けることも可能です。

◆ほかにも、ニキビや多毛症の改善、過多月経や不正出血の治療、貧血の改善、リウマチの症状の緩和などに用いられるケースがあります。また、継続使用によって卵巣がんや子宮体がんなど、女性ホルモンが関係する病気のリスクを下げる作用も期待できます。

◆副作用は以前に比べると軽減されましたが、使いはじめに不正出血や吐き気といった症状が出る場合もあります。そうした症状の多くはしばらくすると治まりますが、改善されないようなら医師に相談してください。

◆また、ピルの成分のエストロゲンには血液を固まりやすくさせる性質があるため、血栓症のリスクが高くなる可能性がある場合は服用できません。たとえば喫煙者がピルを服用すると、血栓症のリスクが高くなることが知られています。

◆低用量ピルにはいくつか種類があり、自分に合うものを見つけるためにも、婦人科医の処方が必要です。強い痛み止めが必要な月経痛などに悩まされているなら、使用を考えてみてはいかがでしょう。

(監修:中村クリニック院長 中村理英子/2017年9月28日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)