モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

子育てに自信や楽しさを!

ペアレントトレーニングとは?

子育てに悩まない親はいないといってよいでしょう。家事、育児、仕事など日常を切り盛りするだけでも大変な上、とりわけ育てにくいお子さんをもつ場合は、有効なサポートが求められます。子どもとのより良いかかわりを学べるペアレントトレーニングとは?

◆ペアレントトレーニングは、1960年代にアメリカで開発された発達障害や知的障害などの子をもつ保護者向けのトレーニングプログラムです。その後日本に合ったアレンジも加えられ、現在では厚生労働省の発達障害者支援施策にも取り入れられています。

◆10人以内のグループで、講義とワーク、ロールプレイ(役割演技)を行います。そして、それを自宅で実践してみるホームワーク期間があり、その後どうだったかを共有し合います。さらに講義やワークをしながら改善していくという行動的な方法です。

◆いくつかの種類がありますが、1回が90〜150分程度で、数回以上のセッションを積み重ねます。幼児期から思春期まで、年齢に応じたかかわり方、声かけや指示の仕方、望ましい行動をどう促していくかといったことに取り組みます。

◆子どもの困った言動に対し、どうしてよいかわからなかった場合でも、親としての対応、言葉かけをロールプレイなどで学びます。そして、実際に自宅で試しながら変化を見て、その子に合った働きかけなどを身につけていきます。

◆親が子どもの心理、言動のパターンを理解するとともに、適切な対応で子どもの問題行動を減らしたり、日常生活の中で親子のコミュニケーションをとりやすくする技術を養うことを目的としています。

◆また、親自身が我が子と他の子どもとの違いに不安を感じたり、過剰な自責感などのために傷ついているケースも少なくないため、ペアレントトレーニングを通じて、親子関係や親自身の状態を客観的に見る機会となり、心のケアにつながることも期待できます。

◆特に両親それぞれの子どもに対する考え方や対応が異なっていた場合には、それを一致させることで、子ども自身も安心して家庭生活を送れるようになります。

◆さらに、同じ悩みをもつ親同士の仲間ができたり、さまざまな情報交換や経験交流などで、保護者同士が励まし合えたり、自信を取り戻すことで、子育てが楽しめるようになる、といった効果も報告されています。

◆こうしたペアレントトレーニングは、各都道府県の発達障害者支援センターや教育センター、医療機関や専門のNPO団体、大学の心理センター等で行うところがあります。最寄りの地域の各センターや児童精神科医、保健師などに問い合わせてみるとよいでしょう。行政機関では一部無料の場合もありますが、医療機関では保険が適用されず、民間では1回数千円の受講費用がかかるでしょう。

◆長い子育て期間や子どもの成長過程を考えると、まずは両親がその子の特徴を受け止め、日々に役立つ知識や技法を身につけるトレーニングを受けることは、子どもにとっても良い影響をもたらすはずです。不安やつらさに押し潰されることなく、自信や楽しさも得て、積極的に子育てに取り組みたいものです。

(監修:東急病院 健康管理センター所長兼心療内科医長 伊藤克人/2018年6月19日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)