モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

豚コレラは怖い病気?

感染したブタを食べても人体に影響はない

2018年9月、岐阜県の養豚場で豚(トン)コレラの発生が確認されました。国内では26年ぶりの発生ということですが、どのような病気なのでしょうか。また、人に感染するリスクはないのでしょうか。

◆豚コレラはその名のとおり、ブタやイノシシに感染する家畜(法定)伝染病です。感染力が強く、致死率も高いため、ひとたび発生すると、蔓延を防止するための防疫対策が重要になります。

◆「コレラ」の名がつくことで、人への感染が気になりますが、人にうつる病気ではありません。原因菌も人間のコレラとは別物で、ウイルスに感染したブタの肉を食べても、人体に影響することはないとされています。さらに、食肉に加工する際の検査により、豚コレラに感染したブタ肉が市場に出回ることはなくその点も安心です。

◆豚コレラウイルスには複数のタイプがあります。岐阜県での発生後の調査では、周辺の野生のイノシシにも感染がみつかっており、発生源である養豚場の豚コレラウイルスと同じタイプであることが判明しています。

◆野生イノシシが近くの養豚場に感染を拡大させるリスクは高く、官民をあげて野生のイノシシをその生息圏内(なわばり)から外に出さない、ブタやイノシシを飼育している施設に無償の電気柵を貸与するなどの取り組みが行われています。

◆感染したブタは、発熱、食欲不振、元気消失、うずくまり、便秘に継ぐ下痢、呼吸障害など、多彩な症状があらわれます。特徴的な症状がなく気がつきにくい疾病であるため、気づいたら感染が拡大していたということが起こり得るのです。

◆発症から10〜20日で死に至るものが急性豚コレラ、発症から30日程度で死亡に至るものは慢性豚コレラと呼ばれます。なかには、半年以上生存するケースもありますが、経過が長いブタは感染源となるリスクが高く、豚コレラに感染しているのに感染を示す抗体が産生されないこともあります。

◆ニュースで身近な動物の感染症の発生が報じられると不安になりますが、人へのまれな感染が報告されている鳥インフルエンザや口蹄疫(こうていえき)でも、感染した鳥やウシ・ブタなどとの濃厚な接触がない限り、人にはうつりません。

◆いたずらに恐れるのではなく、正しい知識をもつことが大切です。ただし、野生動物や家畜にむやみにえさをやったり触ったりする行為は慎みましょう。

(監修:目黒西口クリニック院長 南雲久美子/2018年12月21日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)