モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

放置は危険!大人の虫歯・歯周病

治療と検診が病気予防のもと

あなたは、歯科医院で定期的に検診を受ける習慣がありますか? 歯科には歯が痛くなってから行けばいいと思っている人もいるようですが、目立ったトラブルがなくても、虫歯や歯周病は甘く見てはいけません。放置すると、深刻な病気につながるおそれがあるからです。

◆歯と歯の間、歯と歯茎のすき間などに付着した歯垢や歯石は単なる食べかすではなく、細菌のかたまり。もともと口内には、虫歯の代表的な原因菌であるミュータンス菌、歯周病の原因となるジンジバリス菌を含め約700種類もの細菌が存在するのですが、歯垢や歯石があると虫歯菌や歯周病菌の栄養となってしまうのです。

◆虫歯や歯周病があるということは、口内細菌がたくさんあるということになります。この口内細菌は、口の中だけにとどまらず、呼吸で肺に流れ込むほか、血流を通して全身に運ばれ、さまざまな影響を及ぼします。

◆虫歯を放置しておくと、歯髄炎を引き起こします。この炎症が顎の骨まで達すると、顎骨髄炎を発症、リンパ節の腫れや発熱、全身倦怠感などがあらわれるおそれもあります。

◆また、歯周病菌は腫れた歯茎から簡単に血管に入り込みます。免疫の力で細菌が排除されたとしても、細菌の細胞壁に含まれる内毒素は残り、動脈硬化を進展させ、血栓ができやすくなるため、心筋梗塞、脳梗塞につながる可能性が高まります。

◆歯周病菌が糖尿病のリスクを上げることもわかっています。歯周病菌の内毒素が血糖値を下げるインスリンの働きを弱めてしまうためです。歯周病を合併した糖尿病患者に、歯周病の治療をすると、血糖値が改善されたという報告もあります。

◆妊娠した女性が歯周病になると、早産のリスクが高まり、生まれてくる赤ちゃんが低出生体重児になる場合もあります。そのため、妊婦の歯科検診は重要ですし、できれば妊娠前から口腔チェックをしておきたいところです。

◆高齢で飲み込む力が低下すると、口内細菌が唾液とともに肺や気管支に流れ込み、誤嚥性肺炎を起こしやすくなります。このとき気道に入った細菌は、本来は咳などで体の外に排除されますが、高齢になると咳をする筋力も弱くなるため、肺炎につながってしまうのです。

◆平成23年の歯科疾患実態調査によると、45歳以上の約半数に歯周病が見られることがわかりました。ただし、歯周病は中高年の病気というわけではありません。歯周病菌の感染は乳歯の時期から始まっています。歯周病の母親や周囲の大人が食べ物を噛んで与えたり、お箸やスプーンを共用したりするなどの日常のスキンシップの中で感染するのです。

◆子どもと接する大人が歯周病をきちんと治療しておくだけでなく、歯が生え始めた赤ちゃんのうちから歯磨きをしっかりして、口の中を清潔に保つ習慣を身に着けさせることが大切です。

◆日ごろのケアとしては、歯みがきだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシを併用するとよいでしょう。歯と歯の間や歯周ポケットの中に入り込んだ歯垢は、歯ブラシだけではなかなか取り除けないからです。ただし、歯垢が石灰化した歯石は自分ではなかなか取り除けないもの。検診も兼ね、半年〜1年に1度は、歯科医院でメンテナンスを受けることをおすすめします。

(監修:松下歯科医院院長 松下和夫/2019年2月22日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)