モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

短期間での2度の脳震盪は命の危険も

コンタクトスポーツは要注意!

短期間での2度の脳へのダメージを受けることで重篤な症状に陥ることを「セカンドインパクト症候群」といいます。ラグビーやアメフト、柔道など、激しいぶつかり合いのあるようなスポーツをする人、家族などにはぜひ覚えておいてほしい重要な障害です。

◆頭部を打ったり激しい衝撃を受けて脳が揺さぶられたときに起こる脳震盪(のうしんとう)。この脳震盪を起こした後、短期間のうちに再び頭部を打つなどの衝撃をうけると、脳へ大きなダメージがあることが知られています。これがセカンドインパクト症候群です。

◆脳震盪の症状は、頭痛、めまい、嘔吐、手足の麻痺、記憶障害や意識障害などのほか、言語の障害や難聴、顔面麻痺などがあります。スポーツ中に起こる脳震盪では、一時的な頭痛やめまいだけで物忘れや意識障害がないケースがほとんどで、重症の場合を除いて軽度なら後遺症が残ることもなく治るのが一般的です。

(監修:寺本神経内科クリニック院長 寺本純/2019年3月13日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)