モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

骨折の治療 超音波で癒合促進!?

治療期間が短くなる可能性も

骨折治療は部位や程度にもよりますが、一般的に月単位の時間がかかります。しかし、近年、治療に超音波機器を用いることで、治癒までの時間を短縮できる場合があるといいます。どのような治療法なのでしょうか。

◆若い世代ではスポーツや事故などで、高齢になってからは骨粗鬆症や転倒など、「骨折」のリスクは身近なものといっていいでしょう。一言で骨折といっても、皮膚や筋肉なども同時に損傷して、折れた骨が外から見える状態の「複雑骨折(開放骨折)」、皮膚が破れず外からは見えない「単純骨折(皮下骨折)」、完全に折れる「完全骨折」、ひびが入った状態の「不全骨折」など、骨折にはいろいろな種類があります。

◆折れた骨が治癒するまでには、3つの段階をたどることになります。第1段階は炎症期と呼ばれ、傷ついた組織が炎症を起こし、腫れや痛みが強い時期です。この時期にはギプスなどで患部を固定し、骨がずれたり動いたりしないようにして骨を癒合(ゆごう)しやすくします。

◆第2段階は修復期です。炎症が治まってくると骨の細胞が新しい骨をつくる骨芽細胞を増やして、折れた部分の骨の修復を始めます。

◆第3段階はリモデリング期といわれ、修復したての弱い骨を強くするための期間です。

◆骨折から修復期に至るまでにおおよそ数週間、リモデリング期はさらに数週間から数カ月、場合によっては数年かかることもあります。

◆この期間を短縮できる治療法と期待されているのが、「超音波骨折治療法」です。超音波(低出力超音波パルス)を断続的に患部に当てて物理的な刺激を与え、骨癒合を促進させる治療法で、複数の臨床試験では約4割の治療期間短縮になったと報告されています。通常は半年以上かかる高齢者の骨折も、4〜5カ月で治癒したとの報告も。

◆方法は簡単で、1日20分、専用の機器で患部に超音波を当てるというもので、大腿骨頸部という体の深い部分の骨折などにも効果があるといいます。この治療を行っている医療機関から機器を借りて自宅で当てるのが一般的です。

◆ただし、すべての骨折で使えるわけではなく、保険適用になるのは次のような場合です。
(1)四肢(手足、腕、脚)の複雑骨折や粉砕骨折(骨が砕ける骨折)で手術を受けた場合で骨折から3週間以内のもの(3カ月間適用)
(2)骨折後、手術をして3カ月以上経過しても骨癒合が得られない四肢の難治性骨折(1年間適用)

◆特に高齢者の骨折では長い治療期間が寝たきりや認知症のリスクを上げるため、治療期間の短縮は朗報といえるでしょう。

◆骨折をしてしまったら、保険適用の対象になるかどうかを含め、主治医に相談してみましょう。今後は変形性膝関節症などの骨切り術で骨の矯正・つなぎ合わせを行った例などにも適用が広がるのではないかと期待されています。

(監修:あそうクリニック院長 麻生伸一/2019年7月25日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)