モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

豊胸手術のジェル剤による健康被害

乳がん検査がしづらくなることも

バストを大きくするための施術で、乳房にジェル状の「非吸収性充填(じゅうてん)剤」を注入した女性に、しこりや感染症などの健康被害が相次いでいます。その事実を受け、美容医療にかかわる学会等が、この素材を注入する豊胸術は実施すべきでないとの共同声明を発表しました。必ず知っておきたい豊胸術のリスクとは?

◆乳房に、非吸収性充填剤いわゆるジェル剤を注入する豊胸術を受けた女性で、術後、感染症や胸の痛みなどの訴えが相次いでいることが、一般社団法人日本美容外科学会(JSAPS)会員の調査で明らかになりました。回答した132人の医師のうち、半数以上の72人がこうした症状を訴える患者を診たとの答えでした。

◆JSAPSによると、健康被害の種類は、こぶ(しこり)が44%と最多で、感染症22%、皮膚変化8%と続き、炎症6%、そのほか(変形など)が20%となっています。非吸収性の充填剤の素材にはいくつもの種類があり、今回の調査ではチェコ製の充填剤「アクアフィリング」が全体の24%を占めています。

◆こうした状況から、美容医療にかかわる4団体(一般社団法人日本美容外科学会、日本形成外科学会など)は、合併症などの健康リスクがあるとして、「安全性が証明されるまで、非吸収性充填剤と呼ばれる素材を豊胸目的に注入することは実施するべきではない」とする共同声明を発表しました(2019年4月25日)。

◆美容目的の豊胸術の歴史は古く、1900年前後の欧州ではすでにパラフィンなどを注射器で注入する方法(充填剤注入)が施されていました。日本では、1940年代後期から充填剤注入が、1950年代からジェル状のシリコンを用いた豊胸術が行われるようになりました。

◆さらに、ポリアクリルアミドハイドロジェル(PAAG)といった新たな非吸収性の充填剤も開発されてきましたが、いずれも経過とともに異物反応による変形、感染症、石灰化といった健康被害をきたすことが明らかとなっており、海外ではすでに非吸収性充填剤による豊胸術を規制している国もあります。

◆日本では、豊胸術は保険適応外の医療行為であり、未承認医薬品および医療機器を医師個人で輸入するなどして患者に使用することが認められています。そのため、声明文は非吸収性の充填剤による豊胸術の「禁止」ではなく、「自制」を促す内容で発表されました。

◆非吸収型以外の充填法による豊胸術としては、ヒアルロン酸や太ももなどから採った自身の脂肪を注入する方法があります。いずれにしても、手術にはメリットだけでなくデメリットやリスクがありますので、施術を受ける場合は担当医から十分な説明を受け、術後に起きることの可能性まで含めて、納得のうえで受けることが必要です。

◆一般的に豊胸術では乳房の皮下に異物を注入するため、非吸収性充填剤ではなくとも、しこりができやすくなります。しこりなどがあると、乳がんが見つけにくい、マンモグラフィーが正しく作動しないこともあります。また、当初は異常がなくても、時間の経過、気候の変化、体調や体内環境の変化、外的な衝撃などにより、予想できないことが起こるリスクもあります。

◆消費者庁と厚生労働省は、美容医療の施術を受ける前の確認事項として、以下の4項目を挙げています。
(1)使用する薬剤などがどのようなものか、自身で説明できるくらいまで理解する
(2)効果だけでなく、リスクについても納得する
(3)ほかの方法、選択肢がないかも相談し、検討する
(4)その施術は「今すぐ」必要か、自問自答する

◆求めるものによって健康という価値を失うことのないように、改めて心がけてください。また、もしも美容医療に関する苦情・心配などがある場合は、「医療安全支援センター」等に、相談してみましょう。

(監修:中村クリニック院長 中村理英子/2019年10月7日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)