モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

豊胸していると、マンモグラフィー検査はダメ?

違和感を覚えたら、ためらわずに受診

バストを大きくする豊胸術でシリコンや生理食塩水入りのバッグなどを埋め込んだ場合、乳がん検査として最も有効とされるマンモグラフィー検査ができないことがあります。ヒアルロン酸や自らの脂肪を注入した場合も成分によるしこりができやすく、本当のがんが見落とされる場合が。検査法は複数あるので、適した方法で定期的に検診を!

◆バストを大きくする豊胸術には、シリコンや生理食塩水の入ったバッグ(インプラント)を埋め込む、ヒアルロン酸や自身の太ももなどから採取した脂肪を注入するなどのいくつかの方法がありますが、施術方法によっては一般的な乳がん検診ができない場合があるので注意が必要です。

◆乳がん検診の方法は、視触診、超音波検査(エコー)、乳房専用のX線検査であるマンモグラフィーの3種類が一般的で、検診により死亡率が減少することが証明されているのはマンモグラフィーのみです。

◆マンモグラフィーの撮影の際には、2枚の板の間に乳房をはさんで圧迫しながら薄く広げる必要があります。そのため、シリコンや生理食塩水の入ったバッグを埋め込む方法で胸を大きくした場合ではバッグの破損のリスクがあり、マンモグラフィーによる乳がん検診は、原則として受けられないとするところがほとんどです。

◆マンモグラフィーを希望する場合には、埋め込んだバッグの破損や変形といった撮影に伴うトラブルや、バッグの陰に隠れた乳がんが発見しにくいといった検査精度の低下があることについて同意したうえで、検診が受けられる施設もあります。また、病気の疑いがあり、その検査として医師の判断でマンモグラフィーが行われることもあります。

◆一方、ヒアルロン酸や自らの脂肪を注入する豊胸術の場合は、これらの成分によるしこりなどができやすくなります。これによってマンモグラフィーの検査精度が落ちたり、しこりがつぶれたりなどのリスクがあり、やはり一般的な検診や人間ドックでは、マンモグラフィーは受けられないことが多くなります。

◆「豊胸術が乳がんの原因になる」といった因果関係は今のところ証明されていないので、豊胸術を過度に恐れる必要はありません。ただ、「豊胸術によるしこりだろう」と自己判断してしまい乳がんのサインを見落としたり、「豊胸術を受けていることを知られたくない」などの理由で乳がん検診を避けたりすることは、がんの発見を遅らせる原因になります。

◆もしも豊胸術を受けるなら、事前に必ず担当医と術後のリスクやアフターケアについても話し合うようにしましょう。術後に乳がん検診を受けられる施設などを、あらかじめ紹介しておいてもらうと安心です。検診を受ける場合は、隠さずに、必ず豊胸していることを伝えましょう。インプラントの破損などのトラブルのほか、誤診を減らすためにも重要なことです。

◆マンモグラフィー以外の乳がん検査法としては、一般的には超音波検査(エコー)があります。乳がん発見に関してマンモグラフィーには劣るとされていますが、熟練した医師であれば乳がんを早期に見つけられる可能性は低くはありません。どのタイプの豊胸術を受けていても検査可能で、豊胸術後の乳がんの発見において、マンモグラフィーよりも検出率が高かったという報告もあります。

◆また、自身でも、痛みやしこり、引きつりといった症状を見逃さないでください。少しでも違和感を覚えた場合は、すみやかに乳腺外来を受診しましょう。MRI、細胞診、針生検などを行えば、豊胸術の有無に関係なく確かな検査が可能です。

(監修:中村クリニック院長 中村理英子/2019年10月30日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)