モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

ストレスが多い人は知っておきたい 汎適応症候群

ストレス反応のプロセスを理解しよう

ストレスを受けたときに、私たちの心身にはさまざまな反応が起こります。イライラしたり、心臓がドキドキしたり、眠れなくなったり……。私たちの体に起こるそうした反応には一定の段階があり全身に及ぶため、「汎適応症候群」と名づけられています。汎適応症候群とはいったいどのようなものなのでしょうか。

◆汎適応症候群は、人が何らかの原因(ストレッサー)によるストレス刺激を受けたとき、全身に起きる生理的な反応(非特異的な生物反応)です。ハンガリー系カナダ人の研究者、ハンス・セリエが提唱し、現代のストレス学の基礎となった研究にもとづいています。

◆それによると、全身に起きる汎適応症候群は「警告反応期」「抵抗期」「疲弊期」の3つの時期に分かれています。

◆「警告反応期」は、ストレスを受けてすぐには適応できない「ショック相」、そのショックに適応しようとする「反ショック相」の2段階に分かれます。ショック相では、一時的に体の反応が低下して、体温や血圧は低下、脾臓(ひぞう)・リンパ腺・肝臓が萎縮し、胃・小腸・盲腸などの消化器官がダメージを受けます。反ショック相では、ストレス適応反応が起こり、抵抗力が高まります。

◆反ショック相の段階で何らかの対処や治療を行うと、体へのダメージを最小限に抑えることができます。また、ストレスがそれほど大きくない場合は自然と回復に向かいます。

◆ストレスが続くと、「抵抗期」に入ります。ストレッサーとストレス耐性のバランスがとれるようになり、安定した状態になります。体内ではストレスに対処しようとするさまざまなホルモンが分泌されています。

◆精神安定作用のあるベータ・エンドルフィン、「ストレスホルモン」とも呼ばれるコルチゾール、交感神経を活発にするアドレナリンなど、さまざまな物質が総動員して、ストレスのかかった緊急事態に対応しようと頑張っている状態です。

◆ただし、安定しているとはいえ、ぎりぎりの状態でバランスを保っているため、この状態を維持するためには、かなりのエネルギーが必要です。この抵抗期のうちに、ストレスの原因がなくなったり、その状態に完全に適応できるようになれば、体へのダメージは深刻化することなく健康な状態に戻ります。

◆ところが、ストレス状態がさらに長く続くと、こんどは「疲弊期」に入り、ストレスの原因に対して適応するエネルギーがなくなり、体の抵抗力が衰えてしまいます。再び、最初の警告期に起こったような症状が現れ、不安や抑うつ感からうつ病を発症したり、胃潰瘍などの消化器系の病気を発症するリスクが高まります。

◆ストレスに対する反応には、その人のものの考え方、対処行動などさまざまな要因が影響するため、個人差が大きいことは否めません。しかし、ストレスによる影響のプロセスを知っておくと、具体的にストレスを受けたとき、いま自分がどの段階なのかが客観的にわかるようになっていきます。

◆自分は大丈夫、と思っても、実際は心身へのダメージが大きいということも多いものです。とくに、一見安定したかのようでもようやくバランスを保っている抵抗期にさらに無理を重ねると、しだいにバランスが保てなくなり、疲弊期に突入してしまいます。

◆汎適応症候群は、ストレスを受けたとき、人は思いのほか、全身でさまざまな戦いを繰り広げているということを教えてくれます。すっかり疲れ切ってしまう前に、環境を変える、休養をとる、誰かに相談する、ストレスの原因を解消するなど、自分へのケアを実行にうつすことが大切です。

(監修:横浜労災病院 勤労者メンタルヘルスセンター長 山本晴義/2019年12月16日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)