モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

絶対にやめよう! 運転中の危険な行為

車はもちろん、自転車も注意を

「あおり運転」が危険な行為として話題になっていますが、交通違反だけでなく、思わぬ被害や、加害者の側に立ってしまいかねない危険運転。「カーナビ注視」や「ながらスマホ」も含み、近年の事故増加で罰則が強化されました。すべての人が知っておきたい運転中の危険な行為とは?

◆日本自動車連盟(JAF)が行った2016年の「交通マナーに関するアンケート調査」で、「普段、運転中に後方から他のドライバーにあおられることはありますか?」との設問に対し、「ない」と答えたのはわずか5.7%。よくある7.9%、時々ある46.6%、あまりない39.8%を合わせ、ほとんどの人が一度は経験したことがあるという結果が出ました。

◆警察庁のデータによると、車間距離保持義務違反による取締まり件数は1万3025件(2018年)。いわゆる「あおり運転」等は、車間距離の不保持だけでなく、進路変更禁止違反や、急ブレーキ禁止違反などの道路交通法違反、ライトのハイビームやパッシング、無用なクラクション、無用な接近や追い越しなどで、威嚇・挑発することを含む悪質かつ危険な運転行為を指します。急いでいてイライラしたから、もっと早く走りたかったから、などは理由になりません。

◆さらに、こうした行為で人を傷つけた場合は、危険運転致死傷罪や刑法の暴行罪などに該当することもあります。もし危険運転によって人を死亡させてしまった場合には1年以上の有期懲役、負傷させた場合は15年以下の懲役に科せられます。

◆逆に、もし危険な運転をされた場合は、どうしたらよいでしょうか。けっしてやり返さず、安全な場所に避難し、すべての窓、扉をロックしてください。近づいて暴言・暴力など攻撃的な行為をしてくるときにはすぐに110番通報し、録画・録音、写真など、可能な方法でできるだけ記録を残しましょう。相手の車のナンバーや車種を特定しておくことも重要です。

◆また、近年増加している交通事故には、携帯電話やカーナビの操作中に起きるものも目立っています。2018年の携帯電話使用等に係る交通事故件数は2790件で、5年間で約1.4倍に増加しました。

◆先のJAFのアンケート調査でも、「運転中に携帯電話(スマホ含む)を使用しているドライバーが多い」の設問に対して、とても思う37.0%、やや思う47.3%を合わせると84.3%。あまり思わない15.1%、まったく思わない0.6%という結果で、ほとんどの人が運転中の携帯使用を認識していました。

◆警察庁のデータによると、携帯電話等の使用ありと使用なしの死亡事故率を比較した研究では、使用ありの死亡事故率が使用なしの約2.1倍との報告がありました。便利なツールも、使い方によって命を失う重大事故のきっかけになりかねません。

◆運転中の携帯電話等の使用は道路交通法で禁止されています。さらに2019年12月1日施行の改正では、携帯電話等を保持して通話したり画像を注視したりした場合には、6カ月以下の懲役または10万円以下の罰金、反則金の適用はこれまでの3倍の普通車1万8000円、二輪車1万5000円に引き上げられるとともに、違反点数も3点になりました。また、携帯電話等の使用により事故などの交通の危険を生じさせた場合には、1年以下の懲役または30万円以下の罰金となり、違反点数は6点で、免許停止処分の対象になります。

◆政府は、自動車運送関係団体、ゲーム業界団体を含むさまざまな関係機関と連携して、運転者に対する啓発や交通指導取締まりを強化しています。

◆また、自転車走行中の携帯電話、イヤホンやヘッドホンの使用も危険です。警告音や緊急車両のサイレン、人の声や物音が聞こえない状態での走行はやめましょう。現在は都道府県で定める規則や条例で、使用自体を禁止している自治体や、「安全運転に必要な音声が聞こえない状態で使用してはいけない」とされているなどさまざまです。

◆自動車や自転車を運転するときには、ルールやマナーを遵守し、自分にとっても周囲にとっても安全第一をつねに心がけましょう。また、近い距離の移動なら、健康増進のために歩いてみるのもよいでしょう。


(監修:横浜労災病院 勤労者メンタルヘルスセンター長 山本晴義/2020年1月1日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)