モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

今日から取り組む認知症予防!

生活習慣こそ大切!

誰にでも発症する可能性のある認知症。世界保健機関(WHO)の局長テドロス・アダノム氏は「今後30年間で有病者数は3倍に増加すると予想されている。認知症のリスクを減らすためにできることを今すぐ実行するべき」と述べています。さっそく今日から始められる生活習慣の改善ポイントについてまとめました。

◆2019年5月、WHOが認知症ガイドラインを発表しました。世界中の人びとの健康課題として、認知症の増加がはっきりと認識されているからです。認知症の発症リスクを低減させるための介入手段として、身体活動、禁煙、栄養、血圧や糖尿病、アルコール摂取など12項目を推奨度とともに提示しています。

◆概要として、まず運動・身体活動には認知機能低下を予防する効果があるとし、正常な認知機能のあるうちから行うことを推奨グレード強(ガイドラインに記載されている推奨度)ですすめています。軽度の認知障害がある場合でも認知機能低下リスクを軽減するとしています。

寺本神経内科クリニック院長 寺本純/2020年1月2日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)