モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

検査では見つかりにくい 軽度外傷性脳損傷とは?

異常が検査画像に写らない!

日本ではまだ認知度の低い「軽度外傷性脳損傷」。交通事故などの外傷によって脳が損傷を受け、さまざまな症状があらわれます。同じような疾患である「高次脳機能障害」とはどう違うのでしょうか。またどんな治療法があるのでしょうか。

◆軽度外傷性脳損傷は、WHOの定義では、「外部から頭部にもたらされる機械的なエネルギーによって引き起こされた急性の脳損傷」となっています。残念ながら日本での定義や診断基準はまだ確立されていません。そのため、実際にはWHOの定義や診断基準が用いられています。

◆診断基準として、次の3点があげられています。
@受傷後に意識の混迷や見当識障害(時間やいる場所がわからないなど)、30分以内の意識喪失、24時間未満の外傷後健忘症、あるいはこれら以外の短時間の神経学的異常(けいれん、外科的治療の対象とならない頭蓋内疾患)、このうち1つが存在すること
A外傷後30分、あるいはその後の受診時のグラスゴー昏睡尺度の評価が13〜15点に該当すること
B薬やアルコール、他の外傷、心的外傷など、他の要因が除外されること

◆グラスゴー昏睡尺度は、開眼、言葉による応答、運動による応答の3つの観点から昏睡度を測ります。開眼は、「開眼しない〜自発的に開眼」までの4段階、言葉による応答は、「発声なし〜見当識あり」までの5段階、運動による応答は、「まったく動かない〜命令に従う」までの6段階に分けられ、合計点が低いほど、昏睡度が重症と判断されます。

◆軽度外傷性脳損傷の症状は、記憶障害、てんかん発作、眼球運動異常、味覚障害、嚥下(えんげ)障害、体のまひ、運動失調、発汗異常、頻尿、尿失禁、手足の疼痛など、多岐にわたります。受傷後、時間が経ってから、思いもよらない症状であらわれることが多く、受傷との関係が認められない場合もあります。そのため原因不明の不定愁訴と診断される、労災や傷害保険などの申請ができない、などで苦しむ人も多いようです。

◆軽度外傷性脳損傷は症状があるにもかかわらず、脳のMRI検査では異常が見つかりにくく、複数の撮影法で調べた画像でも、約半数の症例にしか異常が見つからなかったという報告もあります。さらにCTでは約2割にしか異常が見つからないという報告も。

◆同様に、交通事故などが原因で起こる脳の障害に「高次脳機能障害」があります。高次脳機能障害も記憶障害や注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害などのさまざまな症状があらわれ、生活に支障を来す障害ですが、軽度外傷性脳損傷と異なるのは、脳に受傷による器質的な病変(検査によってわかる病変)がある点です。

◆軽度外傷性脳損傷の治療法はまだ確立されておらず、頸椎の安静をはかる、頭部の負荷を軽減するなどしながら、それぞれの症状の改善をめざして対症療法を行います。回復の時間は個人差が大きく、受傷から1カ月程度で改善するケースもあれば、半年から1年程度かかるものもあります。また、数パーセントに後遺症として症状が持続するとされています。

◆原因になるのは交通事故だけではありません。スポーツによる受傷も多く報告されています。また、転倒や落下、けんか、暴力、乳児の揺さぶり症候群などが原因になることも。何よりもまず、これらを防ぐことが第一です。今後、WHOだけでなく国内での定義、診断基準などの策定が待たれます。

◆頭部を打撲したときは、しばらく安静にしておくことが大切です。最近は各種スポーツでもこのような対応がされるようになってきています。

(監修:寺本神経内科クリニック院長 寺本純/2020年1月24日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)