モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

幼い男の子がなりやすい 亀頭包皮炎

おちんちんが赤い

幼児期の男の子がしばしば経験するおちんちんの病気に「亀頭包皮炎(きとうほうひえん)」があります。おちんちんの形状の発達にもかかわりがあり、母親の予備知識がないため症状が出てから慌てることも少なくありません。病気の概要を知っておきましょう。

◆陰茎の先端、あるいは全体が赤く腫れて、痛がるときに疑われるのが亀頭包皮炎です。皮に包まれた亀頭部分に炎症が起きる病気で、おしっこをしたときに痛がることで、異常に気がつくこともあります。

◆幼いときは亀頭部分が包皮に覆われているので、亀頭と包皮の間は尿が残りやすく、汚れたり蒸れたところに細菌などが感染することで炎症が起きます。何度も繰り返す場合は、包皮から亀頭が頭を出す部分(包皮口)が狭いことが原因している場合もあります。

◆男の子は、亀頭が包皮に覆われた状態、いわゆる「包茎」で生まれてくるのが正常です。それが成長に伴って、亀頭が出てくるようになります。包茎の状態がいつまで続くかは個人差があり、幼児期では亀頭が出ない状態のことも多くあります。そのため、汚れがたまらないよう注意してあげる必要があります。

◆亀頭包皮炎の治療は、抗菌薬の内服や患部にステロイド軟膏を塗ることで、炎症は2〜3日でおさまります。大事なのはおちんちんを清潔にすることです。ぬるめのお湯でよく洗いましょう。汚れた手が感染源になることもあるので、手洗いもしっかりさせてください。

◆亀頭包皮炎を繰り返すからと、包皮を無理にむくような動作はしないでください。傷がついて炎症を起こしてしまったり、かえって包茎がひどくなってしまうケースもあります。

◆思春期になって、陰茎の形状などに悩みを抱える男子もいます。幼児期・学童期から、おちんちんは体の大事な器官であり、心配なことがあったら家族や先生に相談するよう伝えましょう。相談するのは恥ずかしいことではなく、健康な体を維持したり、健康上の知識が身につくよいことだと教えていきたいものです。


(監修:医療法人社団秀志会 松平小児科院長 松平隆光/2020年3月18日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)