モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

大腸がんの内視鏡診断 AIがサポート

AIが大腸がんの見逃しを防ぐ!

大腸がん患者の増加を受け、検査と同時に腫瘍性ポリープや早期がんの切除が可能な大腸内視鏡検査の重要性が高まるなか、病変の見逃しを防ぐ、AI搭載の大腸内視鏡診断支援システムが登場! どのようなものなのでしょうか。

◆さまざまな分野でAI(人工知能)技術が応用されるようになってきています。医療分野でも医療機関と企業との共同開発により、画像診断での実用化が進んでおり、その1つがAIを活用した大腸内視鏡による診断支援システムです。これらのシステムでは、内視鏡検査中に映し出されるポリープが大腸がんになる可能性をAIが瞬時に数値であらわしたり、病変を検出すると警告音を発したりして、医師の診断をサポートします。

◆開発の背景には、日本人の大腸がん罹患数・死亡数の増加があげられます。国立がん研究センターがん情報サービスの2018年部位別死亡数によると、大腸がんは女性で1位、男性でも3位となっています。また、2019年のがん統計予測によると、大腸がん罹患数は女性で2位(1位は乳がん)、男性では1位。食習慣や生活習慣の欧米化にともない患者数は今後も増えると予測されます。

(監修:目黒西口クリニック院長 南雲久美子/2020年5月4日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)