モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

マイクロプラスティック汚染 人体への影響は?

人体にもマイクロプラスティックが!?

地球規模の深刻な環境問題として、マイクロプラスティック汚染が知られつつあります。環境だけでなく、人体への影響も懸念されているのをご存じでしょうか。しかし、日本の対策は先進諸外国に比べて遅れているとも。マイクロプラスティックの何が問題なのか、私たちにできることは? まずは正しく知ることから始めて、行動に結びつけていきましょう。

◆プラスティックによる環境汚染は、いまや地球規模の大テーマ。EU諸国を中心とした世界45カ国以上でレジ袋の使用が禁止されるなど、具体的な対策が講じられ、欧州会議では2021年からストローなど代替可能なプラスティックの使用禁止を決定しています。また製造者(企業)が処理に対しても責任をもつ規制などの動きも活発です。

◆しかし、この問題への日本の対策はかなり出遅れており、ようやくレジ袋の有料化が普及しつつも、いまだに使い捨てのプラスティック容器があふれているのが現状です。

◆プラスティックは、原油を蒸留したナフサからつくられる「石油化学製品」で、変幻自在に加工でき、電気を通さず腐食しにくい、軽くて丈夫、安価なことから、産業界のさまざまな分野で活用されています。私たちの日常生活はプラスティックなしでは成り立たないといってもよいでしょう。その一方で、分解されにくい物質なため、適切に処理をしないと半永久的に残ります。

◆マイクロプラスティックはその名のとおり、微小サイズのプラスティックのことで、WHOの専門家会議によると直径5mm以下とされていますが、明確な定義はなく、1mm以下とする専門家もいます。1ミクロン以下の粒子状のマイクロプラスティックも確認されており、「ナノプラスティック」とも呼ばれています。

◆この微小サイズのプラスティックの正体は、おもに適切に処理されず投棄や放置されたプラスティックごみが、長年にわたって紫外線や太陽熱にさらされてもろくなり、ボロボロと壊れやすくなってどんどん細かくなっていったものです。マイクロプラスティックは、河川や海はもちろんのこと、北極やヨーロッパのピレネー山脈でも確認されたという報告があり、地球上のあらゆる場所に存在するといわれています。

◆もっとも深刻なのは海洋汚染で、毎年、数百トン単位で海に流出しているプラスティックごみが環境を破壊し、生態系を脅かすとして、世界中の専門家が警告しています。海のプラスティックごみの誤嚥(ごえん)によって、死に至る海洋生物も増え続けています。カメやクジラ、海鳥の死骸から大量のプラスティックごみが発見された映像を目にすることも多いでしょう。日本の専門家の調査でも、東京湾で釣ったカタクチイワシの8割の消化管から、マイクロプラスティックが発見されました。また、海水からつくられる食塩の9割にマイクロプラスティックが含まれていたという報告もあります。

◆したがって、ヒトもマイクロプラスティックを体内に取り込んでいると考えられ、それを裏づける研究報告が2018年、ウィーンで開催された欧州消化器病学会週間に発表されました。それによると、日本を含む8カ国の被験者の便を調べたところ、全員の便10g中に平均10粒のマイクロプラスティックが含まれていました。被験者たちの食事記録には、魚、水道水、プラスティック包装食品、ペットボトル入り飲料などがありましたが、ヒトが摂取する可能性のあるルートは数多く考えられるため、原因は特定できなかったということです。

◆マイクロプラスティックが人体に及ぼす毒性について現時点で明確な証拠はありません。しかし、プラスティックには汚染物質を吸着する性質があるため、内分泌かく乱物質や重金属といった人体に危険な化学汚染物質も吸着するという指摘もあり、現在も研究調査が進められています。

◆プラスティック汚染に対して私たちができる対策としてまず重要視されるのは、3R=リデュース(削減)、リユース(再使用)、リサイクル(再利用)です。使い捨ての使用を減らし、ルールを守ってプラスティックごみを分別、廃棄することです。また、プラスティック製品の使用を減らすには、代替可能かどうかを考えてみると行動しやすいでしょう。エコバッグや水筒を持ち歩く人も増えています。まずは自分から実行してみましょう。

(監修:医療法人誠医会 宮川病院 内科 宮川めぐみ/2020年5月13日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)