モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

やせている男性は病気リスクが高い

危険は肥満だけではなかった!

肥満が健康によくないことは周知のとおりですが、「やせ」も病気を招きやすく、仕事の長期欠勤につながる可能性を示す研究結果が報告されました。いったいどのようなことなのでしょうか。

◆調査をおこなったのは、国立国際医療研究センター。2011年度に関東・東海に本社がある企業十数社の従業員で20〜59歳の男女約7万8000人を対象に、会社を病気で長期休暇(連続30日以上の病欠)したケースを産業医に報告してもらい、健康診断のデータを最大5年間追跡、分析しました。

◆対象者を、まず国際的な体格指数であるBMI(体重kg÷(身長m)2)の数値で分類しました。@やせ(BMI18.5未満)A正常(BMI18.5〜24.9)B過体重(BMI25.0〜29.9)C肥満(30.0以上)の4つのグループです。

◆この4分類を比較した結果、長期欠勤のリスクは男性の場合、@のやせグループはA正常グループの1.56倍に、C肥満グループは1.81倍になることがわかりました。女性では、B過体重グループの場合のみ1.54倍に上昇したものの、やせや肥満に関してはリスクの上昇は見られませんでした。

◆長期欠勤の要因別にみると、身体的な病気は、やせのグループでは正常グループよりも1.5倍高く肥満では2.04倍に、事故・傷ではやせの人が1.53倍、肥満では1.80倍という結果でした。また精神的な病気でも、やせは正常グループよりも1.70倍高く、肥満の1.75倍に匹敵する倍率でした。

◆一方、心血管疾患に関しては、やせの人はふつうの人と差がなかったことに対し、肥満は3.03倍とリスクが高いことが示されました。

◆さらに、2011年に国立がん研究センターがおこなった「日本人のBMIと死亡リスクについての調査」では、男性の場合の全死因の死亡リスクをみると、BMI25.0〜26.9と標準体重よりわずかに重めの人が最も低く、BMIの低い14.0〜18.9のやせすぎの人が最も高い死亡リスクを示しました。この調査では肥満よりもむしろやせているほうが高値という結果だったのです。

◆そして、がん、心疾患、脳血管疾患、その他の死因別にみると、心疾患と脳血管疾患はBMIが高い人と低い人の数値の上昇は拮抗していますが、がんとその他による死亡ではBMIの高い肥満グループよりも、BMIの低いやせグループのほうが高リスクであったことが報告されています。

◆女性については、研究の対象者に女性が少なく、はっきりとした結果が得られなかったとして、今後さらに研究調査を進める必要があるということです。

◆これまで病気予防や健康づくりの対策として、肥満に着目した運動指導や栄養指導などについてはさまざまな取り組みがおこなわれてきました。しかし、これからはやせの人への積極的な取り組みも必要になりそうです。日頃から、栄養不足にならないよう規則正しい食事をとり、運動習慣を身につけるなど、心身の病気リスクをコントロールしていくことをめざしたいものです。

(監修:目黒西口クリニック院長 南雲久美子/2020年7月17日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)