モバイルサイト「ケータイ家庭の医学」はこちら!
https://sp.kateinoigaku.ne.jp/

気をつけたい 飲み物の回し飲みやキスでもうつる病気

まれに重症化して激しい症状が続くことも。思春期以降の発熱、扁桃腺の腫れには要注意

子どもの時に感染するとたいした症状は出ないのに、大人になって感染すると症状が重くなってしまう病気があることはご存じでしょうか。はしか、水ぼうそう、おたふくかぜ、風疹などが有名ですが、「伝染性単核球症」もそのひとつにあげられます。

◆おもにエプスタイン・バーウイルス(EBウイルス)に初めて感染した時に起こります。経口感染なので、飲み物の回し飲みやキスなどでうつります。

◆アメリカなど海外では大人(10代後半)になってからの感染が多いために、「キス病」と呼ばれることもありますが、日本では2〜3歳までに感染する人が多く、20代の抗体保有率は9割以上といわれます。

◆子どもの頃の感染では、症状がほとんどあらわれないまま、抗体ができていることが大半です。また、症状がでても発熱や扁桃腺の腫れなどのため扁桃炎やかぜと診断されることも多く、ほとんどは解熱、消炎鎮痛などの対症療法を行えば治まっていきます。

◆では思春期以降で初感染するとどうでしょうか。発熱、だるさ、扁桃腺の腫れ、のどの痛みのほかに、首や全身のリンパ節の腫れなどが起こり、触ると激しく痛みます。また、肝脾腫(肝臓や脾臓が腫れること)や軽い肝炎を起こすこともあります。熱がなかなか下がらないのも特徴で、1〜2週間続く場合もあります。

◆診断は血液検査でつけられますが、治療法は対症療法となります。症状に応じて、解熱薬や消炎鎮痛薬を使い、肝脾腫がある時には安静第一にします。特にペニシリン系薬剤に対するアレルギー反応が、ふだんよりも起こりやすいため注意が必要です。

◆実は最近、思春期以降で初感染する人が増加傾向にあります。離乳食の市販品の増加や乳幼児期から親と食器を別にする人が増えたことなどで、EBウイルスに感染する機会がなかった人が増えているのが原因と思われます。

◆対症療法で問題なく回復するケースが多いなか、まれに治療が難しい場合があり、そのまま慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV)となってしまうケースがあります。CAEBVは病態や治療法などが、まだ十分に解明されていない疾患で、EB感染が初めてでない人にも発病する場合があるともいわれています。

◆CAEBVは38℃以上の高熱が3週間ほども続いたり、リンパ節の腫れ、貧血、出血傾向、肝脾腫、免疫系の障害などの激しい症状や、慢性的な全身倦怠感、歩行困難、けいれん、意識障害などの神経障害症状を示すものなど、さまざまです。

◆重い倦怠感が続く「慢性疲労症候群」のなかに、このCAEBVがふくまれているとの報告もあります。また、蚊アレルギー(蚊に刺されると患部がただれたり潰瘍化したりする)を伴うことが多いことも知られています。

◆CAEBVは命を脅かすような合併症にかかる率も高く、死亡率も高いのですが、治療法はまだ確立されていません。近年、造血幹細胞移植が有効との報告もありますが、症例は限定的で、まだ課題が残されているのが現状です。

◆伝染性単核球症の初期症状はかぜや扁桃炎と紛らわしいのですが、子どもの頃以来、久しぶりに扁桃腺が腫れた、だるさがとれないなどの症状があらわれたら、受診して、医師に相談することをおすすめします。
(2011年1月20日)

気になる身体の症状を
◆チェック◆
症状チェック 食事記録 お薬検索 病気検索

『家庭の医学』

1969年の発行以来、
累計約330万部の
ロングセラーの最新版

総監修:聖路加国際病院院長
福井次矢

信頼の『家庭の医学』最新版を
iPhoneアプリにギュッと凝縮!


外出先でのアクシデントの際にも活躍!


はい、いいえで答えるだけで、気に
なる症状の対処方法がわかる!

あなたの隣にある危機

糖尿病網膜症

早期受診で失明を防ぐ
著:右田 雅義(右田眼科 院長)
東海林 のり子(リポーター)
定価1,836円(本体1,700円)

在米日本人のための必携医療マニュアル

アメリカでお医者さんにかかるときの本

異国の地で、英語で、受診する不安を軽減
著:あめいろぐ(在米日本人医療従事者による情報発信サイト)
監修:メイヨークリニック 予防医学フェロー 反田篤志
定価3,000円(本体2,778円)

手術以後のすごし方

心臓病そのあとに・・・

心臓手術以後のQOL向上のための生活ガイド
著:高知大学病院 心臓血管外科 教授 渡橋和政
定価1,296円(本体1,200円)